プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

週末は、またしてもセールに行ってきちゃいました(^ ^)

ネクタイを買うつもりだったのに、衝動買いでまたしてもグローブトロッターのトロリーケースを買ってしまいました(^_^;)

あと、ハケットの傘もね。



ん?
何処かで見た色だって?

そう、前回買った色のサイズ違いです(笑)



別にトロッターマニアじゃ無いんですけど、いつの間にか吉田コレクションは4個になってしまいました。



お店のショーケースみたいでしょ(^ ^)

目指すのは、今月のLEONみたいな光景です(笑)



あっ、ローバーミニに乗って旅先で故障したいって言う意味ではありません(−_−;)

さて、昨日はミニの作業をしていたのですが、久しぶりにカタナをガレージから出したので写真を撮ってみた。



夏の終わり頃にステアリングダンパーを装着しましたが、インプレをしていなかったですよね?



思い付きでカウルに穴を開けて付けました(笑)



ドゥカティ用のオーリンズです。

私のカタナはスーパークリアランスで、ハンドルを切ってもどこにも当たりません。





昔のヨシムラレーサーの写真を見て憧れた人も居ると思いますが、そもそもステアリングダンパーは必要なのか?

普通の人にとっては不要というよりも、デチューンになると思った方が良いです。

それでも流石に評判通りのオーリンズだなぁ~って思いますけどね。

18段?のうち、最弱から7段目で私はセットしてますが、これだと殆ど重さを感じません。

これより重くすると、交差点は勿論、コーナーリング中もセルフステアに影響が出て、丁度17インチから18インチにフロントタイヤを交換して1発目で膝を擦りながらコーナリングした時みたいな恐怖感です(笑)

では、何故私は装着するのか。

減速帯のロデオ状態を回避する為です。

本当に何処へ飛んで行くか分からない状態で走っていましたが、ステアリングダンパーを装着したら、減速帯で膝を擦りながら走っても吹っ飛ばずに済んでいます。

何処かの性能を上げると、何処かに皺寄せが発生するものです。

カタナをストリートで乗っていて、あんまりジェネレーターカバーに穴が開くのを心配する人って居ないでしょ?

見た目だけで装着したら、ガッカリするから止めた方が良いですからね。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村
2016/02/01(月) 07:52 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索