プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

季節の変わり目ですね。
また土曜日は天気が悪いとか。

日曜日はパーティだから、作業も出来ないしなぁ。

さて、先週の日曜日は細かい部分に手を加えました。

カタナにステアリングダンパーを装着する時に、勢いで開けてしまった穴の処理ですね。



まあ、このままでも良いのですが、ストリートだと少し手を加えないと素人っぽく感じます。

FRPでカバーでも作りましょうかね(^ ^)

厚紙とアルミテープで下地を作ります。



この時に頭を使うのはオス型にするかメス型にするかです。

あと、ハンドルを切った時のステアリングダンパーが動く範囲とカウルの脱着をイメージします。

今回は、取り外しできる構造にしないと、カウルが装着出来なくなりますからね(^_^;)

ステアリングダンパーが当たって削れる事や、裏面の処理も考えて、無難に黒の色付けをした。



今回はFRPを盛って、後から削り仕上げする手順にしました。

この貼り方だと、どうしてもR部分は空気が入ったり、ガラス線維が跳ねたりします。

そんな時は、スギちゃんが何処かからパクって持ってきてくれたシートを使います。



この、薄い紙みたいな細いガラスシートを表面に貼るとピタッと落ち着きます。

角とかも空気が入らないんですよね。

硬化したら全体のバランスを見ながら削っていきましょう。



なるべくコンパクトになるようにして、目立たない存在にしたいところ。



どうでも良い内容だけど、付いていた方がちゃんとしたパーツっぽく見えるでしょ?



この少しの違いを積み重ねる事が結構重要です。

何かのアイデアに流用してみて下さい。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

2016/02/17(水) 08:30 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索