プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

こんにちは。吉田です。

今日は休日だけど、オフィスで仕事してから鹿島まで出張なのさ。

だから昨日は少しずつ色んな作業を同時進行でやっていました。

まず、最初は椎茸狩り?



夕飯で焼き椎茸にして食べました(^ ^)

久しぶりですが、ミニクーパーも早めに処理しないといけない問題になっていた「サビ問題」をやりました。

右ドアの下だけ腐っているんですよね。

前オーナーさんの保管環境で何か原因があったのかな?

いつもどおり、後の事など一切考えずにサビを削り落とします。

普通は、薄付けパテとかで処理しますよね?

私ですか?

面倒くさい。そのままタッチペンで十分でしょ?(笑)



だって、今まで腐ってボコボコの塗装だったんだから、サビが進行しないだけ有難いと考えましょう(^ ^)

ほ~ら、汚い下地。



高校生みたいな作業でしょ?

軽くペーパーを当てて、ヤフオクで買ったタッチアップ用の純正カラーを100円ショップで5本セットの筆で塗ります。



1000円位だったのかなぁ。

よく純正色とかって言って売っているけど、全然違ったりしますよね(笑)

特に赤系は色焼けとかがあるから、まず合いません。

その色合わせが板金屋さんの腕の見せ所。
だから私は自分でやる補修には期待などしない。

下地処理を頑張っても、そもそも色が合わないんだから。

綺麗にしたかったらプロに頼むべきです。

とりあえず、ペタペタ塗る。



あれ?意外と似たような色になっているな?



おや?1メートル離れると悪く無さそう。



ふむふむ。

2メートル離れる撮影だったらイケるんじゃない?(^O^)

コンパウンドで磨いたら、案外綺麗に仕上がるかも知れない。

これだったらパテで下地処理すれば良かったかなぁ(−_−;)

でもね、皆んなが自分でやらないのは何故か?

「面倒だから」でしょ?

いつかは・・・って考えながら放置する位なら、とりあえずサビの進行を抑える処理に手を付けるのが吉田流。

考えるより先に一歩を踏み出しましょう。

そのうちに、また塗装はやり直します。
そのうちにね(^_^;)

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村
2016/03/13(日) 12:54 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索