プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

梅雨入りしてしまいましたね。
最後に走りたかったけど、残念でした。

さて、スイングアームを交換しない事に決めたから、以前から気になっていた部分に手を加えてしまいました。



ノーマルホイールを流用していると、作業性の悪さが気になりますよね?

ん?

気になりなる程、リアホイールなんか外さない?

あっちもこっちもカラーがポロポロ落ちて、イラつきます。

スイングアームごと交換して、耐久仕様に一式作り直しちゃおうかとも考えていたのですが、今回は断念ですね。

吉田スペシャルとして、リアキャリパーのステーだけでもスイングアームに固定する事にしました。


スイングアーム側がこんな感じですから、キャリパーカラーがこんな感じに固定できれば解決する筈です。



工作機械があるのなら、差込タイプのカラーを作れば簡単に解決する問題ですが、私のカスタムは誰にでも真似できる加工で作ります。

まず、カラーに穴を開け、M4のネジを切ります。



イメージはこんな感じ。



この出っ張りが、スイングアームのチェーン引きに入る構造になります。



M4の長ナットが見つかったので、これを使った方がガタも少ないので、六角を丸棒に加工します。

旋盤なんてありませんよ。

ボール盤+サンダーで削ります(笑)



なんとかなるものです(^ ^)



力は全く掛かりませんから、ネジロックを付けておけば大丈夫でしょう。



この出っ張りに合わせて、チェーン引きに穴を開けます。



こんな感じ。



これだけでも使えるんだけど、シャフト穴位置の精度を上げる為にもう1個出っ張りを付けたんだけど、写真を撮るのを忘れちゃいました(^_^;)

取付ると、こんな感じ。



左側は、以前にマコっちゃんに作ってもらった差込カラーね。



これだと、組み込むカラーは1個だけだから、ポロポロ落ちる事なく、簡単になります。



でも、チェーンの調整範囲が狭くなっちゃうから、旋盤でキャリパーサポートのカラーを作り直すのがベストですからね。

今回の私の仕様だと、0円で作れましたが(^_^;)



いつものとおり、誰にも気付かれないカスタムです(−_−;)

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村
2016/06/06(月) 06:59 | コメント:2 | トラックバック:0 |
コメント

広島の久々 :

私好みなカスタムです、久しぶりに覗いてみましたがヤハリ素敵ですね。

ルートマスター : 広島の久々さん

ビンボーチューンの塊です(笑)
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索