プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

今週はお盆休みが始まるので、浮かれ気分の方が多いんでしょうね(^ ^)

さて、昨日はコンビニに寄らずにそのまま都民の森まで上がりました。

さすがに車がいないから、気持ち良く走れます。

7時前には到着。



狂った速さのいつものドカ軍団、赤いきつねさん(^_^;)



私は、沢山作業があったので駐車場がオープンしたタイミングで帰宅しました。

悩みの種だった、CBに装着するGSXR43ΦフォークのOHです。



何で動きが悪いのかが分からないから、吉田兄を呼んで二人の目でじっくりと原因を探す事にした。

今回は、中古のフォークも入手していますが、これがまた怪しい品物です。

インナーが錆びていて使えません。

状況をまとめると、

今までのフォークは、

1)アウターに付いている「圧側」の調節が回らない。

2)カートリッジの動きが悪く、引っ掛かる。

このあたりに原因があるのでは?と考えました。


今回の作業は2個イチにします。

インナーは今までのもの。

アウターとカートリッジは、新しく買った中古を使いたい。

構造が分からなかったけど、二人で相談しながらバラしていく。

あっ、前回は外れないと思っていたけど、アウターの底からオリフィスが出てきた(笑)



な~んだ。

一番底にあるこれが、鉄粉で詰まっていたのかも(−_−;)

2台分の4個を掃除していて気付いた。

1個だけ光にかざすと穴が抜けている。

ん?

これは中古で買った方ですね。

割ってみた。



なるほど。
構造は簡単ですね。

スプリングとシムみたいな2枚の組み合わせでバルブになっているみたいですが、1個だけ組み間違えて機能していませんでした。

中古で買ったフォークですから、私の不具合とは関係ありませんけどね。

カートリッジは、中古の方が断然良く動きましたから、こちらを使います。



それにしても、暑いぜ。



汗が流れます。

アウターを組もうとした吉田兄が気付いた。

あっ、この中古のフォークって曲がっているみたいだよ。

ほら。

あー!

アウター内部の当たり面に偏りがあります。

何て事だい(−_−;)

ダンパー調節が壊れていて、交換したかったのと同じ左側です。

インナー同士を合わせてみると、ほんの僅かですが、隙間が見えて曲がっているのが分かります。

ここは、インナーが曲がっているだけでアウターは大丈夫って事にして組んでしまおう!(笑)

こんなのダメですからね(^_^;)

良い子のみんなは、アウターも交換しましょう。

私は悪い子だから、見なかった事にします。



使ったオイルは、YAMAHAのG5です。

1850円位で一番安かったから。



油面は、146㎜でマニュアル通りです。

完成!



あー!

ちゃんと動くようになったー!!

何が悪かったのか分からないけど、たぶん一番の原因はオリフィスが詰まっていたのと、圧側調節が壊れていたみたいです。

スプリングは1100のノーマルです。

これでフロントが組めたので、次はリアのスプリング交換ですね。

それにしても、夏の作業は疲れます。

一人だったら絶対に終わらないうちに、次週持ち込みにしてビールを飲んでしまいますね(^_^;)

二人だと何だかんだいいながら、楽しい作業でした。

CB1100Rにも、だいぶ愛着が湧いてきましたよ!

気が付いたらカタナと同じで、既に手を入れていないパーツは何も残っていませんでした(笑)

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村
2016/08/08(月) 08:06 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索