プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

東京は台風の影響がほとんどありませんでしたね。

この前の週末。
昼メシを何にしようかなぁ~って考えて、アレを買っていた事を思い出した。

ジャーン!



「ペヤングソースやきそば」それもハーフ&ハーフなるもの。198円なり。

胃もたれするのに、どうしても止められない一品(^_^;)

ジャンキーな味がたまらない。
麻薬のように癖になる。

でも、良く考えると、単なる乾麺にソースを掛けただけの食べ物。

ここで気が付いた。

具が足りないんじゃない?

試しにモヤシの茹でた物をトッピングしてみた。



おー!
これ正解(^ ^)

でもね、いつもの事なんだけど、半分食べたあたりから喉の通りが悪い。

やっぱり、逆流性食道炎には超大盛は危険です。
次回からは、普通サイズにする事にした。

あと、激辛ソースは好みの問題でしょうが、私の好きなペヤングでは無くなってしまう味でした。

さて、本題。

1100RのキャブBOXに繋げるフレッシュエアーのダクトの製作方法を考えた時に、メンテナンスもあるから接続タイプで作る事にした。

接続継手はどうしようかな~って思い、とりあえず差し込み型にすることに決めた。

まず、BOXからの取り出しから始めるから、短いダクトを作ってみます。

100円ショップにある発泡スチロールの50Φ丸棒を10㎝位にカットし、アルミテープを巻き、ワックスを塗ってからマットを1枚貼ってみました。



硬化したら、発泡スチロールをカットしてくり抜きます。



アルミテープを貼ったから、綺麗に剥がれます。



ツルツル面は内側ね。

そしたら、そのツルツル面を使いたいから、今度は内側にアルミテープを貼ってワックスを塗り、マットを1枚貼ります。



硬化したら、抜き出すのですが、さすがにこのままでは無理です。

外側のパイプに切り込みを入れて取り出しました。



ほ~ら。

これでピッタリの接続継手が完成しました(^ ^)



あとは地道に一つずつパーツを作って組み立てます。

毎週1個ずつ作っていけば、週刊誌の付録にパーツが入っている組み立てキットみたいに楽しめるでしょ?

凄い製作時間が掛かるから、ショップに頼んだら大変な金額になるので誰もやらない。

でも、この時間を掛けて自分だけのマシーンを作る過程は、魂を込めるみたいなものだから、もの凄い愛着が、湧いてくるものなんですよ。

オートバイは金を出して買うだけでは、楽しみの半分しか理解出来ないと私は考えます。

2016年の夏の思い出にボルト1本、ステッカー1枚でもいいからオリジナリティーを出してみませんか?

きっと乗る度にそれを見て、今年の夏を思い出すから(^ ^)
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村
2016/08/30(火) 07:41 | コメント:2 | トラックバック:0 |
コメント

だい :

地道で手間のかかる作業は十分理解していますよ!

私も夏の思い出にステッカーを製作してます。。。色あせたイエローコーンを・・・

ルートマスター : だいさん

イエローコーンとペプシは私も新しい物に張替えたい(^_^;)
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索