プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

高尾の銀杏並木も黄色くなってきて綺麗ですよ。



さて、スギのカタナに付けるシングルシートの表皮貼りですね。

まずはベース作りから始めます。



特別な剛性は必要ないから、マット1枚にしました。



ペタペタペタ。



凸凹だから空気が入るけど、気にしない。



こんな感じ。

硬化したらカットします。



作業手順と、塗装などのアフターメンテナンスも考えてボルト固定で取り外せるようにします。



これにスポンジを貼るのですが・・・。



こんなボロボロなのを使えって言うんですよね(−_−;)



とりあえず、ボンドで余ったスポンジを使って穴埋めしましたけど。

自分のシートなら、削って1枚上から貼るんだけど、スギのなら、言わなければ分からないだろうから、このまま貼っちゃいます。



始めてカタナのシートを貼る人はたぶん驚きますよね。

これをどうやったら1枚物で貼れるんだよ!って。



普通のシートの比ではなく難しい。

気が短い吉田兄だと絶対にイライラして捨てます。

コツなんて無く、少しずつ引っ張るしかないのです。



いつもながら自分の才能が恐ろしい(笑)

これは仮止めだから、今度の週末にでも続きの作業として、スギがエアータッカーを持ってきたから、本止めして完成になります。

シート貼りは、最初にカタナでチャレンジするとしたら1枚物ではなく、多少高価でも立ち上がり部分で縫い合わせている商品を買った方が良いと思いますよ(^_^)

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村
2016/11/08(火) 07:58 | コメント:1 | トラックバック:0 |
コメント

カンタロー :

言わなくても、このブログでバレますねwww
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索