プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

風さえ無ければ暖かい週末。



改善しなけばいけなかった1100Rのブレーキホースに手を入れました。



ダイマグ+320Φに変更する為に、だいさんから頂いたキャリパーサポートを使います。



そしたら、ホースがギリギリになってしまいました。

フィッティングが丸タイプなら問題無いんだけどって思ったから、カタナに付けているホースと交換する事にしました。



マスターシリンダーは、2台とも同じロッキードですから、こちらもそのまま交換します。

キャリパーのボルトはスズキピッチとホンダピッチで違うから注意して下さい。

何故だか吉田ガレージには色々揃っている(笑)



これがカスタム歴29年の証という事です(^○^)

何度も言ってますが、エアーが抜けない原因はキャリパーやホースではなく、マスターシリンダーの可能性があります。

ロッキードならカップ1杯でほとんど抜けるはずです。



下から始めますけど、ある程度になったらマスターシリンダーから勝手に抜けるから、ブレーキフルードはジャブジャブ捨てる必要なんてありません。



エアーロックする場合は、ニップル付きのバンジョーボルトを使うか、マスターシリンダーをハンドルからクランプを外してエアーが上に抜け易くしましょう。



単にレバーを握るだけでタンクから気泡が出てくるはずです。



カップ2杯もあれば、ホース交換は終了。

CB側は良かったのですが、問題はカタナで発生した。

いつものとおり、ガスケットは再利用します。



潰れが酷い時にはペーパーで段付きを削ってからオイルストーンで磨きます。

あっ、本当は重要保安部品ですから絶対にこんな事はしてはいけないんですからね!

私は緊急を要した状態だから仕方なくこの方法を採用したまでです。

その緊急な作業も、これで何度目かは知りませんが(。-_-。)

ここで問題が発生した。

いつもの作業なので注意はしていたのですが、フィッティングが割れた。



金属疲労かな?

手締めして指先でククッて締めただけなんですけどね。

また作業が増えてしまった。

ホース交換?

私がそんな事する訳ない。

フィッティングだけ注文したから、今度の週末に処理します。
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村


2017/01/24(火) 09:32 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索