プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

桜が満開らしく、今週は毎日飲み会が続きます。

この週末は、妻がビッグサイトで開催されたインターペットに行ってきたらしいのですが、会場にはウチの子が出ていたらしい。

インターペットって、ペット関係のグッズとかが並ぶので、サンプル品が貰えたり、安く買えたりします。



百人一首をやる猫役でCMに出ていたルイちゃんは、ついにパッケージになりました!



この笑顔って、CGでは無くて撮影の時に笑わせたらしい。



妻は犬猫と会話できる妖怪です。

他にも



アンディと



ロビンもいます。



違うメーカーさんだけど、3匹同時に使ってもらって感謝です(^O^)

さて、土曜日の午前中は冷たい雨でしたから、カタナを出してガレージで作業しました。



デジャブかと思いますが、またパテ盛り作業です(笑)



硬化時間を使ってミラーステーを作っていました。



今回は、10㎜厚を使いました。

材質は分かりません( ̄O ̄;)

硬すぎず、ジュラルミンじゃないヤツ。

30㎜オフセットさせます。



実はミラーのオフセットステーって、売っているんですね。

ヤフオクだと2000円位です。
30㎜と45㎜があります。

でも、私のCBは何㎜がベストなのか分からないから、買っても使わずに捨てる事になるかも知れません。

あと、私がステーごときを購入していたら、ネタ的に面白くなくなっちゃいますしね(-_-;)

まず、仕上げる前に仮付けして当たり具合をチェックします。



おー!

一発で神クリアランスではないですか!

そしたら仕上げ工程に進みます。

大まかな削りはサンダーで処理して、あとはヤスリで手仕上げします。



丸い部分は、ワッシャーを当てて削ると綺麗に仕上がりますよ!

普通の人はこのまま使いますけど、私の経験からすると、ホルダーの固定点からミラー先端まで距離がありますから、振動によるボルトの緩みが考えられます。

ほら、ストリートって、耐久レースみたいなものですから。
耐久仕様のマシーンだった場合、このままで参戦しませんよね?

振れ止め処理をします。

M6のネジを切ります。



垂直にブレないでタップを当てるには、ボール盤を使って手で回しながら切ります。

こんな感じ。



今回は、1.5㎜厚を使いました。



振れ止めは、こんな物でも有ると無いでは大違いです。

こういうパーツを作る時って、大学での力学に出てくるモーメント図を思い出します。

勉強が嫌いだったから、何を言っているのか全く分からなかったっけ(笑)

試験の前になると、ゴロウちゃんのノートをコピーさせてもらって暗記しました。

ゴロウちゃんも、誰かのノートをコピーしただけですけどね。

当然、社会に出てその勉強の成果なんて全く使われる事などありません。
親不孝者です(。-_-。)

でも、遊びの世界では考え方だけでも役立っているので良しとしておこう。



ほら、出来た!

カウルにも当たりません。



これでだいぶ改善されたと思うので、様子を見てみます。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村
2017/04/04(火) 08:12 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索