プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

カラッと晴れて気持ちの良い週末でしたね。



吉田ガレージに来てから随分と経ちましたが、ついにGSXR1000K2 テリカリ号復活プロジェクトに着手しました。

まずは、未登録車両からレーサーは作られていたので、だいさんから貰った廃車証明書付きのフレームに交換します。



これは、書類が残っていたとしても新規登録は排ガスや制動系の検査があるので大変らしく、中古の書類付きフレームを使った方が簡単です。

載せ替えたあとのチェックで不具合を見つける為にも、一度エンジンをかけて確認します。



1000ccなのに音が軽いなぁ。
この未来から来た乗り物には何と水が入っております。



水冷のマシーンに乗る事になるとは思わなかったなぁ(^^;)

とりあえず、エンジンを降ろしてみる事にした。



初めての作業だと、段取りを組むのに時間が掛かります。

どうやってエンジンは降ろすんだ?


こんなオイルパン形状では自立出来ないから、まずは架台作りから始めますかね。



今回は木枠で作りました。

初めてのマシーンだと、一人でエンジンを降ろすのって、気を使いますね。

でも簡単に降りた。



エンジンマウントには、カラーやワッシャーのスペーサーを入れるのでは無く、ちゃんと調整式になっています。

それのロックナットは特殊工具が必要になるんだけど、これから頻繁に使うかも知れないから、スイングアーム用と一緒に2種類を買いました。



特殊工具って、滅多に使わないのに高いんですよね。



貰ったフレームはフロントからクラッシックしているみたいだから、ベアリングレースは新品に交換したかった。



フレームの歪みが心配だけど、テリカリのブログを見ていると、毎回クラッシックしても今のフレームって問題無さそうだから、気にしない事にした(笑)

スイングアームを取り付けしようとしたところで吉田兄がやってきた。

二人作業だったら簡単です。



組み立てるだけだから、サクサク進みます。



フレーム交換終了。

当然だけど、エンジンも問題無く掛かります。



こから、公道に必要な電装系を揃えていかないといけないから大変なんだよなぁ。

業務連絡

だいさん、マニュアルが必要なので送って貰えますか?
送料が勿体無いから定形外郵便で大丈夫です。

よろしくお願いします^_^

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
2017/06/05(月) 08:11 | コメント:2 | トラックバック:0 |
コメント

だい :

了解です。
発送か持ち込みか連絡しますね!

ルートマスター : だいさん

電装系を見るにはマニュアルが無いと何も出来ないって言うんですよね。

当然、私はマニュアルなんて見ても何もわからないのですが( ̄▽ ̄)
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索