プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

日が伸びて、帰宅時間でも明るいから駅から歩いて帰る事が増えました。

ポケ~っと考えながら、30分くらい色々と今後の戦略を練るのが楽しい。

さて、K2のエンジンを降ろすのにあたり、先に作業しないといけない問題がありました。



エンジンハンガーのボルトにネジが切られて、スライダーを装着していたんですよね。

どうやら転倒してボルトがモゲたみたいです。

普通は10ミリのボルトごと交換するタイプが一般的ですけど、これは6ミリボルトが使われてました。

こんなのは私にとってトラブルと言うレベルではない。



真ん中に穴を開ける。



そしたら、逆タップを叩き込む。



普通、ボルトは頭の締め付けでトルクが掛かりますから、頭さえ外れればネジはスルスルと抜けます。

今回はモゲてるので、ボルトが曲がっていると想定します。



ほら、外れた。



これでボルトを外す事が出来ました。

テリカリ号はヨシムラさんからのサポートを頂いていたから、当然ですけどマフラーはヨシムラレース管です。

K2はノーマルオイルパンを使う場合は4-2-1タイプですね。

ただ、この時代になってくると、実はノーマルマフラーの性能が飛躍的に向上しているから、交換しても大きな差は出にくいと言われてます。

だって、メーカーの予算でデータ解析がされ、ノーマルだってチタン製なんですから。

昔、バイク屋のオヤジがアメリカ兵相手に4本のパイプを1本にまとめたらパワーが上がった!なんていう時代じゃないんですよね。

でもね、さすがヨシムラ。



左がノーマル、右がヨシムラ。

似ているけどやっぱり違う。



昔は「マフラーは太い方が格好いい!」みたいな流れがありました。

でも、エンジンの仕様も変わって、排圧を上げる為でしょうが、逆に細くなっているんですよね。

こそからテーパーで太くしています。

う~ん。芸術だ。

あっ、カタナにはボンネビル管が一番似合っているという考えは変わりません(笑)

あと、サイレンサーは、シングルとダブルが用意されています。



本当は、トライオーバルのダブル&ロングが好きなんですけど、昔のレース管なんてもう手に入らないでしょうね。

と、言うより、このサイレンサーこそ手に入らない一品なんですけど( ̄◇ ̄;)

有難いお話です。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
2017/06/07(水) 08:14 | コメント:2 | トラックバック:0 |
コメント

だい :

ヨシムラのエキパイは素晴らしいですよ。。。
私のR1000は4-1ですが素晴らしい!

遅れましたが発送しました。
とっても役に立ちました!

ルートマスター : だいさん

ありがとう!

吉田兄に電装系を何とかしてもらいます(^_^;)
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索