プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

昨日は朝からスギのエンジンを組みました。



これって写真の使い回しじゃないですからね(^_^;)

異常に気づいて直ぐに開けて良かったです。



なんじゃこりゃ(−_−;)



一度溶けて油圧でプレス加工されたみたいになっています。

それにあれだけの容積が外に出たという事は、当然ヘッドボルトも緩んでいました。

耐熱仕様と言っても使えるのはカバー類だけで、やはりヘッドガスケットとベースガスケットは非常に高温になるので、純正品かコメティック製を使う事をお薦めします。

さて、私の悩みはK2の電装系ですね。



中古のハーネスを買ったから、テリカリ号との違いを確認する。



何が違うのか分からないけど、コンピュータが三菱のスペシャルに交換されています。

J16監督って、今はキャブ屋というよりも、湾岸ミッドナイトに出てくるコンピュータチューンのスペシャリストの人みたいな立場なのかな?

私には全く分からない次元のお話です。

ハーネスは引き直したのではなく、ノーマルの不要カプラーをカットして使っているみたいだから、基本的にノーマルに移し替えれば問題なく機能するみたいですね。

どうせ免停だから、ボチボチと作業していきます。

明日は出頭日です(−_−;)
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
2017/06/12(月) 07:37 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索