プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

昨日は久しぶりに奥多摩へ行こうかと思って、早く起きたけど、曇っていたから止めておきました。



あっ、免許証はまだ手元にあります。

逮捕されるか罰金を払うかを決めるのは、この前の10万円で決着しましたが、何日の免停になるかや、講習日のスケジュールはこれからなんですよね(−_−;)

だから、それまでは乗れます。

ただ、普通のバイク乗りと違って私はそれ程乗りたい訳じゃないんですよね(^^;;

これから梅雨だし、夏は暑いから秋に乗れるならあまり問題はありません。

シートポジションを確定させたから、バックステップも変更して秋に備えたいところです。



さて、昨日はトラブルメーカーであるスギも久しぶりに乗ったらしい。



調子が良いみたいです。

オイルポンプは機械式だから、油圧を上げるとパワーロスに直結します。

しかし、油圧が下がれば油膜切れしてカムがカジリます。

スギのエンジンは、油膜切れ防止の為に油圧を上げていたのではなく、ヘッドの手前で油路を絞っていただけなので、パワーロス&ヘッドは油膜切れという最悪な状態でした。

チューニングした訳ではありません。

ノーマル状態に戻しただけです(大笑)

動画を見て分かるように、ノーマルに比べて回転の上がり方が全く違いますよね?

エンジンをチューニングしているように思いますが、実はヘッドはノーマルです。

面倒だったから、ポートも掃除しただけでバリすら取っていません。

カムはヨシムラ1で排気量は1229ccだったかな?
もう一つ上のサイズかな?

圧縮は少し高め。

レスポンスがノーマルと明らかに違うのは、TMRとストレートのマフラーによる効果が大きいです。

どんなにパワーを上げてもスギには使いこなせないから、全く意味無いんですけどね( ̄▽ ̄;)

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
2017/06/19(月) 07:55 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索