プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

暑い。

本当に暑い。

昨日と一昨日は春日部へ行きましたが、埼玉って東京よりも噂どおりに暑い。

さて、スギのカタナでキャブを外す時に変な力が掛かったみたいで、インシュレーターが切れました。

交換したばかりだから、普通の作業で切ろうと思ったって切れる物では無いんですけどね???

それが、新たな発見の切っ掛けになろうとは、誰が予測したでしょう(笑)



何と、パーツナンバーは変わっていないのに、違う商品が届きました(-。-;

大きさが違います。



あっ、気をつけて下さいね。
インシュレーターは、右用と左用で向きが違うから、同じ番号を4個注文したら、キャブは付きませんからね。

何が違うのだろう?



あ~っ!

今までカタナの七不思議と言われたヘッドとの接続部分が短くなって、隙間が無くピッタリとハマっといます。

私のカタナはこの隙間にリングを作って入れていました。



あと、キャブの接続も、TMRを入れた時にスピゴットリングにある段の位置が微妙にズレていて、しっくり来なかったのですが、カチっとハマるようになったらしいです。



実はこれって気になる人には凄い改良だと思います。

私は、自分で内径も拡大したポートに合わせて加工しているので、既に交換する必要がありませんけど、レーシングキャブを装着している人には交換をお勧めします。

あっ、体感する程の変化がある訳ないですよ(^^;

完全に自己満足の世界です。

ただ、既にメーカーには在庫が無くなって切り替えられたのだと思いますが、古い物が送られて来る可能性はゼロではありません。
在庫を持たないで注文を入れるショップを選びましょう。

ヤフオクとかだと、在庫品の可能性もありますからね。

これからは、ヒビがはいったら1個では無く4個セットでの交換になるものとして考えましょう!

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
2017/07/13(木) 08:41 | コメント:4 | トラックバック:0 |
コメント

おぐ#12 :

アニバ辺りだとあの窪み出来ないんだよねSZヘッドだけかね

ルートマスター : オグさん

いや、ヘッドが違ったら、新しいインシュレーターが奥まで入らなくなります。
たぶん、オグさんの見たアニバーサリーには新しいインシュレーターが付いていたんだと思います。

私のカタナは'87のSEAですし。
ただ、スギは交換したばっかりなんですよね〜

謎だ(−_−;)

おぐ#12 :

スズキは謎が多すぎ(´ω`)

ルートマスター : オグさん

そういうところが好きv-10
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索