FC2ブログ
プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

昨日の続きです。

アルミ板に文字を写して何するんだ?って思ったでしょ?(^ ^)

私の場合、作りながら最終の仕上げを考えます。

その前に、凸凹の面をフラットにする為のベースを作らないと始まりませんね。

文字の傾きはクラッチカバーのHONDAマークに合わせる事にした。



いつもの事ですが、こんなのは適当です。



ベースはFRPで作る事にしました。

熱的に大丈夫?って思うかも知れませんが、過去の経験から言ってカバーなら大丈夫です。



それにだいさんなんて、ヨシムラのカバーから型を起こしてロゴマークまで作ってますから、実証済みです。

ただ、熱を持つと反りや割れの可能性が高くなりますから、必ずこんなパーツでもガラスマットを使いましょう。

硬化を待つ間に文字を作ります。



こんなのって、吉田兄やマコっちゃんにお願いすれば、スゲ~格好いいプレートを削り出しで作ってもらえるのかも知れないけど、それだと綺麗に仕上がり過ぎます。

今回は暇つぶしだから、ジグソーすら使わずに手作業です。

作業効率を考えて、カットする順番を間違えないようにね。



こういう作業には精密糸ノコが必要です。



これは、どこのホームセンターにも置いてあります。

ただ、替えノコ歯の種類が無いところも多いんですよね。
私は東急ハンズで買いました。

2ミリ厚位だと6番あたりがサクサク切れて丁度いい。

でもR部分だともっと細かいので無ければ綺麗にいきません。



細い歯は、R部分以外に使うとすぐに折れるから、歯を交換しながら作業するのがポイント。



カットしたら、ヤスリで整えて全体のバランスを見ながら進めます。

何となく完成が見えてきたでしょ?



これを切り離せば完成。



お上手!

あとは、FRPが硬化したから、次はベース作りですね。



天気の悪い連休最終日だから、丁度良い作業かな。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
2018/01/08(月) 09:42 | コメント:2 | トラックバック:0 |
コメント

だい :

スゲー手間掛かってますね・・・
私のはそんなに手間が掛かってませんよ!

アルミロゴだったら自家マイトっていう手はいかが?
余計な手間か???

ルートマスター : だいさん

ほら、暇つぶしだから手間が掛からないと意味ないでしょ?( ̄◇ ̄;)

あんまり綺麗に仕上げ過ぎないところがダメージ加工のポイントです。

アルマイトはステップに掛けたいんですよねー。
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索