FC2ブログ
プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

そろそろ試しに乗ってみようかと思ったけど、風の冷たさに心が折れました(>_<)

暇な週末を何して過ごすか。

丁度良いタイミングだったのですが、実はこの週末にヤフオクで落札したゼロハリバートンが届きました。

あっ、ゼロハリって言っても、2001年から使っているような普通のアタッシュケースじゃないです。



私が今の職場で最初に指摘されたのは、「吉田さん、鞄が派手過ぎます。もっと普通の黒い鞄にして下さい。」

えっ?(−_−;)

そんな鞄まで注意されちゃうの?

私の常識は世間の非常識なのかな?

そしたら、一泊の出張用に使っていた、赤のグローブトロッターなんか持って行ったら、また飛ばされちゃうかも知れない(T ^ T)



仕方がないから、近頃は確か浅草あたりで昔荷物を持ち帰る為に買った5000円の小さいスーツケースを使っていました。

でもね、使いたくない物を持っている時って、誰も見ていないのに何故か電車の中とかでも肩身が狭い思いをしますよね?

安いスーツや、雨の日用のくたびれた靴を履いている時と同じ心境です。

一年に数回しか使わないから、わざわざ買うのもなぁ~って1年以上考えていたら、たまたま見つけた!



ところが、綺麗だと思って飛びついたのですが、荷物が届いてすぐに理由が分かった。

壊れている。

ノークレーム、ノーリターンとは書いてあったけど、事実としてすぐにヤフオクのメールで、骨が折れている事を報告し、返金処理の連絡を頂いた。

普通の人は送り返すのでしょうが、私は普通の人じゃないから事実として報告はしたけど、自分で直す事にした。

ほら、暇だからネタとして勿体ないじゃないですか(笑)

さすがにゼロハリ。

チャックで中の骨が交換できるようになっていました。



重たい荷物を入れて持ち上げたら、バキって折れたのね。



中の骨はこんなにバキバキでした。



これね、使い方が悪かったのではなく、完全にメーカーの材質不良です。
少し力を入れただけで割れてしまいます。

さて、どうやって直そうかな?

お金を掛けたら意味が無いからガレージを見渡してアルミ板を使う事にした。



寸法は割れたプラスチックを繋げて測ります。



そしたら、取っ手の位置などを決めて作業しやすいように穴を開けます。

そしたら手曲げです。



簡単に言うけど、2ミリ厚、50ミリ幅をきっちり寸法どおりに丸く曲げるのって、初めてだとちょっと難しい。

純正のプラスチックなんて、溶かして曲げてありました(笑)

こんなの割れるに決まっているでしょ(ー ー;)



ここで問題になってくるのがアルミ板の重さです。

当然ですが、結構重くなってしまいます。

ただね、アルミの肉抜きでしょ( ̄∇ ̄)

私、結構得意です。



サイドは力も掛からないから、かなり抜きました。

あっ、手曲げの場合、肉抜き穴は曲げる前に開けると、弱い部分から曲がってしまうから、必ず最終工程にしましょう。

これに、R部分は生地が擦れないように滑りのよいプラスチックのベロが付いていたから、これは移植しました。



ほら完成!



強度もバッチリです。

更に強度を上げたければ、縦リブも入れるんだけど、重くなるのが嫌だから、この仕様で使う事にします。

もともと布の鞄だから、カチっと強度を出しても意味無いしね。

これで出張の時には、世界に一つしかない仕様の鞄である事で、何だか楽しくなります。

まあ、単純に言えば、暇な休日が楽しく過ごせただけの話なんですけどね(^O^)

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
2018/02/26(月) 08:18 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索