プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

この週末は、中途半端な用事が入っていたから作業はやらなかったのですが、注文したパーツが届きました。

K2の作業としては、車検を取る為にメーター、ライト、ウインカーあたりを一式作らないといけません。

吉田兄弟は、手間を度外視して抵コストを最優先させます。



ライト関係のハーネスなんて買えば済むのですが、車検の時以外は使わないので勿体ない。

輸出国によって仕様が違うのですが、購入したライトに付いていたのはH7のバルブでした。

手元にあるマニュアルの配線図はH4バルブ仕様。

H7バルブって、配線が2本しかないけど、これってどうやってハイとローに切り替えるんだろう?

考えるのが面倒だったから、H4バルブ仕様にしちゃう事にした。

とは言っても、H4バルブを2個買うと1900円位かぁ。

悩む金額じゃないけど、チリも積もれば復活までに結構な金額になるから、なるべく抑えたいところ。

そう思って調べたら、久しぶりにmonotaroを見て驚いた。

プライベートブランドの品が大幅に増えたのですね。



H4バルブ 259円なり。

なんじゃ?この金額は( ̄▽ ̄)

他にも、バルブのソケットはガレージにあるハーネスから拾って繋げてしまおうかと考えていたのですが、



H4ソケットが単品で買えるではないですか!
219円なり。

3000円以上で送料無料だから、他にも必要なパーツを揃えます。

LEDのウインカーを使うから、リレー 669円と



バッテリーは、台湾YUASA 7790円にしました。



自宅にいながら毎日が特売価格で買えるのですから、普通の販売店さんは本当に厳しい時代になってますね。

それを考えると、私が600円位の時給でアルバイトしながらカタナを作っていた頃と、今では比較にならない環境です。

手軽に手に入れられるのが良い事なのか、手に入らないから物を大切に扱う心が養われるのか。

どちらが良いのかは分からないですけどね。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
2018/03/19(月) 07:59 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索