FC2ブログ
プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

寒くなりましたね。

急に冷えてくると、奥多摩~八王子あたりは、今度の週末あたりには紅葉が始まるかな?

既に高尾の甲州街道は銀杏の最盛期です。

ただね、甲州街道のイチョウの木は粒が小さいから、拾っても食べるところが少ないんですよね。

妻が拾ってきた銀杏はコレ。



凄い立派でしょ!

お店で出てくるサイズです。

銀杏は臭くて洗うのが大変ですけど、洗ったあとは日向で干します。



これを炒ってビールのつまみにすると最高なんですよね。

昨日もバイクで来て、イチョウ並木をバックに写真を撮る人が何人か居ましたけど、ノーマルの4本出しCB750Fourばっかりなのは何で?

さて、私のナナハンは昨日もメンテナンスしてました。



押してみると重たいから、ブレーキを引き摺ってますね。

ベアリングかとも思いましたけど、走行距離650kmで完全室内保管、当然ですが雨天未走行ならベアリングでは無いと思われます。



外してみたら、スゲ~軽い。

BREMBOでは無く、チャイチャイ製か?と一瞬疑ってしまった(笑)

でも、製品比較表で軽さを強調したりする記事もありますが、これって一概には言えませんよね。

40ミリピッチは、90ミリピッチよりコンパクトに作れて当たり前。

キャリパーサポートとボルトの重さを加えると大差無いか、逆に重くなる場合もある事を理解しないといけません。

そのボルトに関してですが、今回もちょっと疑問。

オーリンズのXJR1200用フォークは左にメーターギヤが付く関係だと思いますけど、キャリパーのオフセットが左右で違います。

だから、左右でマウントボルトの長さが10ミリ違うのは理解出来るのですが、右のボルトに35ミリと40ミリが使われていた。



本当にどうでも良い細かい部分なんですけど、ショップは安くないお金を受け取るなら、当然ベストチョイスで組まなくてはいけないのでは無いかと私は考えます。

普通の安いボルトの頭を旋盤で軽く角を落としただけだけど、きっと「スペシャルボルトを使用」って事で金額も載せているのでしょうから。

長いボルトはカットします。



カットする前にダイスをネジ込んでおくと面取りが楽ですが、私レベルになると特にM10なら手作業の方が綺麗に仕上がります(笑)



あっ、ブレンボは細目ではなく、1.5ピッチね。

ブレーキの引き摺りは、ブレーキパッドの裏面のピストン当たり面がサビて塗料がウニョウニョになってしまう事で、ピストンが戻らなくなっている事が多々あります。

今回は、そこを綺麗にする事で直りました。

ピストンを少し飛び出させて掃除するのには、私は鉄のブロックを使ってます。





リアも同じなのですが、こちらもスペシャルボルトがダメ要素となってました。





こちらも安いボルトの頭を加工してスペシャルボルトで販売?しているのだと思いますが、もう少し使い道によってボルトは選ぶべきです。



分かるかな?

右は根元までネジが切ってあって、少し細いから、キャリパーのマウントでガタが出るのです。

だから、左の純正ボルトの長さをカットして使います。
今回は何かのリアディスクボルトだと思います。

大した問題じゃないけど、これがビルダーによって拘る差になってきます。

やっぱり純正ノーマルバイクって、そんな細かい部分まで考えられてますから、カスタム=最良では無かったりするものですよ!

私はこういう部分も考えているから、自分のマシーンだったら床にボルトやナットが一つ落ちていても、大体はどこに使って組んだか分かるんですよね(^ ^)

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
2018/10/15(月) 08:28 | コメント:1 | トラックバック:0 |
コメント

Qちゃん(銀杏の季節~寒くなるんだな・・・^^;) :

ステンのテーパーヘッドボルト高いからな~
でもボルトをステン製とかに変えるのは
結構好き^^;
ネジマニアです。
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索