FC2ブログ
プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

今日は出張で長野に来てます。

普通の人って、出張は準備とか過密スケジュールになるから嫌だと言ったりしますけど、私の仕事は今までの経験で研修を行うだけだから、準備なんか無しで気楽なんですよね。

だから、昨日も午後一番の研修を終わらせたら、さっさと新幹線に乗って、車内で夜の散歩計画を立てました。



長野の夜は2回目なんですけど、出張のホテル選びって凄く大切ですよね。

知らない土地の住所だから、行ってみたらイメージと違う事がよくあります。

でも前回の大阪出張の時からアプリで「トリバゴ」を利用し始めたのですが、これ凄い便利ですね。

何より住所を打ち込むと、周辺のホテルが地図に表示されますから、その中から選ぶだけです。

今回は、どうしても行きたいところがあったから、県庁近くのJAL CITYホテルにしました。

5時に荷物を置いたら、「さて、行くか」

軽く地ビールでも飲んで、そのあと蕎麦でも食べようかと思っていたんだけど、ホテルで近くのお店の割引チケットをくれた。

ほぅ。
刺身の盛り合わせの半額券ね。

刺身も悪くないなぁ。
近くだから、ちょっと雰囲気だけでも見てから決めようかな。



あれ?
お寿司さんみたいな良い雰囲気。
軽く飲んで行くか。



板さんのいるカウンターに腰を下ろしてビールを注文。

近頃、外国人旅行者に不評なお通しですが、ここは見た目も味も良し。

お通しは日本の文化なんだから、嫌ならそういう店に入るなと言いたい。

日本人だって、海外に行ったら自分の文化には無いチップを払うんだから。

おっ、刺身もいいね~



この店で正解!


でもね、行きたい場所が他にあるんだよなぁ。
今回は、スーツでは行きにくいからユニクロのライトダウンを持って来たので、一度ホテルに戻って上着だけ着替えて出直す。

JAL CITYに決めた目的がココ!



焼き鳥屋だと思わせて、実はその奥なんだよなぁ。



ここだけ昭和か?と思わせる佇まい。





普段の私なら、絶対に近づきたくない雰囲気ですけど、何故か前回来た時にたまたま通り掛かって見つけたら、どうしても来てみたくなりました。

380円かぁ。
未知の世界だな(笑)

ドアを開けて入ると、映画のセットかと思わせるレトロ感。

番台のオバちゃんがフルチンの常連さんと話している。

先にお金を払うときに、石鹸とシャンプーは20円ね~と言われ、合計420円を支払う。



タオルは無料で貸してくれます。

先に3人くらい入ってましたが、みんな近所の人みたい。

おー、なんか面白い。

壁に描かれているのは、太陽と灯台と自転車。
どんなコンセプトだ?(笑)

湯船に浸かると、気持ち良くてニヤけてきた。

天井もカビが生えてて汚い。
面白いなぁ。

平成最後の年に昭和へタイムスリップ。

風呂から上がると、やっぱり定番を試したくなった。



コーヒー牛乳100円。

消費税が10%になるって言っても、ここじゃあ関係無いぜ~

ドライヤーで髪を乾かしながら、ふと目をやったら手書きで「ドライヤーを使った人は、20円払ってください」と書かれていた。

あー。
そういう流れか。
コーヒー代の20%をここで払う事になってしまった(笑)

いや~楽しい。

「また来ますね」と言って、銭湯を出た。

隣の焼き鳥屋も気になって立ち止まったら、



えっ?
ビール2杯と焼き鳥4本で1080円なの?



当然、入ったんですけどね(^^)

長野の夜も楽しかった。

さて、そろそろ仕事の時間だ。
今日も一日頑張ろう。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
2018/11/08(木) 09:41 | コメント:2 | トラックバック:0 |
コメント

HRT :

うーん、この記事読みながらウイスキーかっくらえますね
お通しにキュンとしました!

ルートマスター : HRTさん

一人飲みって本当に楽しいですよね。
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索