FC2ブログ
プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

寒い3連休でしたね。
出来れば作業をしたくなかったのですが、あまりにも暇だからチェーンカバーを取り付けてみました。



カバー本体は出来ているから、ステー作りですね。



スイングアームが上下しますから、必ずクリアランスを確保しておかなくてはいけません。



そしたら取付イメージで何となくステーのイメージを描きます。



この厚紙を切り出して調整を考える。



ふむふむ。



私の作業は、なるべく材料すら買いません(笑)

ジャンク品の中から余り物で作るんですよね。
3ミリ厚のアルミ板だと、型紙サイズは取れないなぁ。



取れないなら取れるようにサイズダウンして妥協するまでの話。

2ミリ厚だと、曲げ加工は楽だけど、走行中に折れてしまいますからね。
逆に5ミリ厚だと90度に曲げた部分でクラックが入るし、加工が大変です。

こんな感じかな。



極寒だけど、ストーブがあれば作業してても楽しい。



一般的にリベットを使いますが、チェーンカバーは内側に突起物があると擦れたりするんですよね。

どうしたら薄く処理出来るのか考えたら、良い物を見つけました。



革細工に使う「カシメ」です。

東急ハンズみたいなお店だと革細工コーナーに置いてありますが、ネットで「革細工 カシメ」で検索すれば買えます。

送料の方が高いですけど。

革細工だと丸みを残すから、工具が必要になりますが、バイクの場合は薄く処理したいから、そのままハンマーで叩けばOK。



裏当てが出来る作業ならリベットよりもオススメです。



ちょっと、取って付けたような仕上がりになっちゃったけど、ひとまず完成。

乗ってて気に入らなかったら、作り直します。

黒に塗れば良いのかも。





思い付いてから、完成まであっという間にだったでしょ(^ ^)

簡単そうに見えるけど、実際に作ると結構面倒くさい作業なんですけどね(笑)
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
2019/02/12(火) 08:07 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索