FC2ブログ
プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

明けましておめでとうございます。



天候に恵まれたお正月ですね。



毎日、3時間位ずつ作業をして、散歩をし、ビールを飲む生活が続いてます(^ ^)

今日はCB 1100Rのエンジンで気になっていたクラッチから聞こえるゴロゴロ音の対策をやってみました。

たぶん、ヤフオクを見ていて気になっている人も多いんじゃないかな?って思ったから私が作業して難易度を確かめてみました。

「CB750F クラッチ」で検索すれば、すぐに出てきますよね。



説明を読むと、チャイチャイ製じゃなくて成分も考えて作っているんですね。

ふ~ん。
長い説明文に使ってみた人のリンク先とかも載っている。
カスタムショップでも使っているのかぁ。

なんか良さそう。

大した効果が無くても、どうせ今の状態でダメなんだから、試さない理由は見当たらない。

何と言っても、1セットで2000円!

あっ、因みに純正品はアッセンブリーパーツだから、ダンパー単品は存在しません。

では、コーヒーを飲みながら作業開始。

届いたパーツはコレ。



どこのパーツかって言うと、



このクラッチハウジングに付いているギヤの中です。



この中にダンパーが入っているなんて、考えた事も無かった。



確かに手で確かめるとガタがある!

原因はベアリングでは無くて、ココだったのね。

ただ、原因が分かっても、そんなに楽観的に考えてはダメです。

このギヤは非分解パーツだから、本来はアッセンブリー交換になります。



ショップのヤフオク説明に載っていた誰かの記事を読んで構造が分かったので、何とかなるだろうって考えた。

まずはカシメてあるジョイントを取り外します。

まあ、これがこの作業のメインですけどね。

ポンチで真ん中位置を決める。





そしたらカシメのシャフト径が判らなく、たぶん5ミリだと思ったけど、慎重に4ミリのドリルからスタート。



頭だけを飛ばしたいから、次に5ミリを使った。
この時点で叩けば外れるだろうけど、圧入にはバリは大敵なので6ミリドリルで綺麗に外しました。



これで頭は全部取れました。



そしたら、圧入を抜くんだけど、これが最大の山場です。

そのまま叩いたらクラッチハウジングが歪みますからね。

ハウジングより少し高くなるようにディープソケットを裏に当てて叩きます。



硬いですよ!
あんまり簡単に考えないで、慎重に叩き抜いて下さい。

叩く面が潰れて広がったら、圧入ですから抜くのは不可能になります。
貫通ドライバーを1本用意して、サンダーで先端をカットし、専用工具を作った方が良いかも知れません。



因みに、カシメの頭をカットすれば、ギヤは抜けますよ。

圧入を叩き抜くと、こんな感じ。



やっぱり5ミリでした。



全部抜けた。



もう一度言いますけど、記事ではサラっと書いているけど、見ているほど簡単じゃないですからね^_^;

このダンパーセットにはボルトまでセットにしてくれています。



それも単なるボルトでは無く、ちゃんと長さも傘の形状も考えて付属させています。

これで2000円って、安すぎじゃない?

あと500円~1000円は値上げしていいと思うなぁ。

下穴として5ミリがそのまま使えますから、タップを当てます。



そのまま手で切っても良いのですが、エンジン内部パーツだから、少しでもネジが甘くならないようにボール盤を手回ししながらネジ切りしました。



ネジはボルトの長さの関係で、必ず貫通するまで切って下さい。

あとはダンパーの組み込みです。

先にハウジング側に付けてギヤを組み付けようかと考えたのですが、



ギヤ側をみると面が粗い。



コリャダメだ。

先にギヤ側の円穴を優先させてからハウジング側を入れていきます。



潤滑油を吹き付けて作業すれば、この位までは入る筈です。

ここまできちんと入っていたら、あとはボルトの締め付け圧で大丈夫です。

プレートを見たら、ダンパーが動いて削れた痕が確認出来ます。



せっかくだから、プレートは裏表逆にして段差が無い方をダンパー面にして組みました。



一度、ダンパーの圧入の為にボルトを締め、脱脂をしてから再度仕上げ組みの際にはネジロックを少し塗っておきました。



完成!





バイクショップでも組み込みをやってくれるところが記載されていましたけど、幾らなんだろう?

私が初めての作業で丁寧に写真を撮りながら作業して3時間でした。

1万円の工賃ならお願いしてもいいだろうけど、商売だったら、単品作業では引き受けないんじゃ無いかなぁ。

少なくともオイル交換と抱き合わせにでもしなくちゃ受けたく無いだろうなぁ。

でも、自分で出来そうな人には、やる価値はあるように思います。

私は試乗出来るのが春になってしまうので、それまでは効果が分からないんですけどね。
2020/01/02(木) 16:43 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索