FC2ブログ
プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

箱根駅伝ですね~。

走るのが大嫌いな私。
子供の頃、冬になるとマラソンをやらされましたけど、本当に嫌でしたっけ。

さて、今日はナナハンです。

RZさんにビラーゴ用のハンドルポストを貰って試しましたが、上半身の動きがしっくりこない。



今までセパハンばっかり乗っていたから、私には手前過ぎるようです。



もっと前に戻して、もう少し低くしたい。

でも、ヤマハの他車流用を考えてヤフオク写真で見ると、丁度良いのはスタッドボルトがM10では無くてM12のように見えるんだよなぁ。

そしたら海外パーツなのかな?
汎用品として、メッキパーツが1500円で誰も入札しないで出ていたからポチッとしてみた。

おー。



20ミリ前に戻して、15ミリ低くなりそうです。

でも、コレって2本ボルト仕様なんですよね。



まあ、こんなのは私にとっては何でも無い事。

XJRはスタッドボルト仕様ですけど、今回はポスト側にネジを切って下からボルト止めにします。



M10だから下穴は8.5ミリなんですけど、こういう環境だと一発穴開けは簡単に0.5ミリくらいズレたりしますから、最初は6ミリ穴で芯出しします。



どうかな?



うん。いい感じ。



そしたら、8.5ミリ穴に広げてタップを当てます。



お上手(^ ^)



ボルトでセットしました。



ハンドルを付けてみた。



おっ、だいぶ下がった感じ。



ちょっとハンドルポストがゴツいなぁ^_^;



まあ、もともとショーバイクとして作られたマシーンだし、メッキパーツも多いから違和感は少ないので良しとしよう。



フォークのイニシャル調整も出来るし、だいぶ上半身の窮屈さは無くなりましたから、コレで試してみましょう。
2020/01/03(金) 11:43 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索