FC2ブログ
プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

バラバラになった 1100Rのカウルを部屋に置いているのですが、以前からシートカウルのシングルシートカバーの留め方をクイックファスナーにしたかった事を思い出した。

せっかくだから、普通のファスナーじゃなくて、スペンサーのFにも使われているタイプが格好いいかなぁと。



あっ、先に言っておきますけどスペンサーのFを見て格好いいから自分も付けよう!っていう気持ちも分かりますけど、考えれば分かるとおり、Fにそのまま付く訳ありませんからね。

私の 1100Rのシートカウルと同様にフレーム側にステーを溶接しないとダメです。

さてと。
探したらヤフオクに出てました。



車のパーツでは無く、オートバイのパーツで「クイックファスナー」検索しました。

「モロソ クイックファスナー」だけで検索するとケータハムとかのボンネット用でヒットするかな?

たぶん同じ物だけど、倍くらいの価格だったりします。

2個で1600円とは有り難い(^ ^)



あくまでもクイックファスナーですから、大した構造でも無いし、クオリティが高い訳でも無い。



裏の針金との位置関係がポイントですね。



上手くいくかなんて、やってみなくちゃ分からない(笑)



それなりに加工が必要になりますね。



出来れば純正のボルト穴を最大限に使って綺麗に仕上げたい。



裏側に付いていたM10ナットを外して穴を拡大しながら仕上がりをイメージしていく。



穴位置をあまり寄せ過ぎると強度が無くなって折れるから、ギリギリのラインで位置を決めていく。

さあ、どうなるか分からない作業なのに 1100Rのカウルに穴開けする勇気があるかが最大のポイントですよ!(笑)

真冬なのにポカポカの陽だまりで、こういう作業するのって大好き。



バイクになんか乗らなくていいや^_^;

穴位置が決まったら、問題になるのがカウルの厚みで調整が必要になってくる裏側の針金高さです。



こんなのは、必要な高さに針金が固定されていれば良いだけの話なんだから、ハンマーで叩いて調整すれば良いだけ。



※(注意)ただ、硬い針金ですからやり過ぎると折れますからねー

物事を細かく考える人は、こんなところでも手が止まるんですよね。
もっと楽に生きた方がいいですよー(笑)



完成!

ちょー格好いい(^ ^)

あっ、1100Rでこれを真似すると、売却する時には間違いなく価値は下がるから、やらない方がいいですよー(笑)
2020/02/11(火) 13:00 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索