FC2ブログ
プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
既に復活して10年経ちましたから、リターンライダーとは言えない状況にあります(--;
内容もオートバイのブログと言うより日々の日記になってきております。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

こんにちは。吉田です。

2020年は本当に色々な事が起こります。

実は2020年4月22日は吉田夫妻にとって、結婚20周年だったんですよね。

二女が描いたグレハリの絵で長女がケーキを用意してくれました。



あっと言う間の20年でした。
娘は大学2年生と高校3年生になり、こんなプレゼントを用意してくれるまでに成長しました。

でも、ケーキを発注した時には元気だったハリーは既に旅だってしまったタイミングだったんですよね。



初めて子ダルのグレースを迎えた時は、確か二女って2歳だったかな?

そんなグレースも既に14歳になって、もういつお迎えが来ても不思議ではない状態です。

家族の一員として子供達と一緒に成長しましたが、記述によると犬は1年半で20歳になり、その後は4倍~7倍のスピードで歳を取る動物であるとの事。

迎え入れた時からペットロスについて考えていたのですが、今回は本当に辛かった。



ところが、吉田家には予期せぬ事態が度々訪れます。

実はハリーが旅立つ1週間程前に、妻はダルメシアン仲間と一緒にお友達ブリーダーさんのもとへ遊びに行っていたんですよね。



101匹ワンちゃんを観た事がある人はご存知の通り、子ダルは最初、真っ白で産まれてから少しずつスポットが出てきます。

詳しくは書きませんが、こちらのブリーダーさんは今回、グレースと繋がっている血統と海外の血統を掛け合わせてブリーディングしたので、本気モードです。

当然、吉田家に迎え入れる気持ちなど微塵もありませんでした。

しかし、周りの皆様からのご支援、そしてブリーダーさんのご配慮によってこの度、子ダルを新たに迎え入れる運びとなりました。

コロナで外出自粛中ではありますが、引渡しタイミングは成長と子離れの為にも引き伸ばす事が出来ませんから、昨日引き取りに行っていました。



LITAです。



グレースにそっくりな顔付きです。
鼻は徐々に黒くなってきます。

ただただ、本当に嬉しい。

衝動買いをしたと勘違いして貰っては困るので書かせて頂きますが、ブリーダーさんは飼育環境、家族構成、経験、等を伺って、子供達の個体を見極めて譲る家庭を選びます。

ブリーダーさんにとっては商品ではなく、我が子同然ですから。

たまたま今回は、多くの候補者の皆様の中から吉田家を選んで頂けました。


ここから新しい生活がスタート出来るので楽しみです!
お世話になった皆様。本当に有り難うございました。
2020/05/10(日) 18:00 |
ブログ内検索