FC2ブログ
プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
既に復活して10年経ちましたから、リターンライダーとは言えない状況にあります(--;
内容もオートバイのブログと言うより日々の日記になってきております。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

雨の週末ですね。
次のガレージ作業は晴れていないとできないから、梅雨の晴れ間を狙うしかありません。

さて、私の寝室で出来る作業を考えてみよう。

先日、ナナハンに乗った時は革パンの試着を兼ねていたのですが、ウエストの問題は解決してバッチリでした。



でもね、私が買ったのは「メッシュ革パンツ」です。

それなのに肝心のメッシュが私の理想とは、ちょっと違う。



穴が細か過ぎて通気性としては、あまり機能していません。

タイチの場合は股部分が皮では無いから、そこまで通気性を狙っていないのかも知れませんね。

でも、私は寒い時期はカドヤのディフュージョンパンツを履くので、メッシュパンツに求める機能は通気性を一番に考えたいポイントなのです。

それなのに、一番に風が当たる腿部分にはメッシュ穴がありません。



まあ、文句があるなら最初から買うなよ!って流れになるのでしょうが、私は文句を言っているのでは無く、自分の使い道によってカスタムするべきだと言っているのです。

バイクも装備も一般大衆向けに商品は作られているのですから、「俺様専用」にする事で価値は変わる。

あっ、売却出来なくなるとも言います(笑)

まず、コピー用紙でざっくりとした型紙を作ります。



そしたら、それを使って工作用紙で正式な型紙を作ります。



方眼紙になってますから、均等な穴位置を決め易いんですよね。



今回は15ミリ間隔にしました。
あんまり凸凹でギリギリを狙うよりも、機械的に並べた方が仕上がりは綺麗になると私は思います。

これを膝カップの交換に使う、腰に付いているメッシュインナーのチャックから裏板を入れて、千枚通しを使って位置を写していきます。



そしたら、その下穴に対してポンチで穴を開いていくだけ。



今回は、2.5ミリのポンチを使いました。



ただただ、ハンマーで叩いて穴を開けるだけ。

100個でも1000個でも、単純作業だから簡単ですね。

完成!



履いているのを見ても自分で穴あけした事を見破られないクオリティです。



その効果は疑問ですけど、自己満足は満点です(^ ^)
2020/06/14(日) 11:30 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索