FC2ブログ
プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
既に復活して10年経ちましたから、リターンライダーとは言えない状況にあります(--;
内容もオートバイのブログと言うより日々の日記になってきております。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

仔犬を迎え入れると、一番可愛い時期の6ヵ月位までって毎日目を離したくないのが普通ですよね。



リタもワクチン接種などが終わり、妻はロングリードで草原で遊ばせるところからスタートさせました。

ダルメシアンって、楽しい時はダルスマイルって呼ばれるんですけど、口角を上げて笑うんですよね。

実はこの可愛い時期が犬の今後の人生にとっては凄く大切なタイミングだと妻は言います。

これは2頭のダルメシアンを育てて見送った経験から、次の仔犬を迎えるに当たって数年前から心に決めていた事。

実はリタは既に1週間以上前から訓練士に預けています。

一昨日、ワクチン接種の為に一時帰宅しました。
今回は1ヵ月期間でお願いしています。

恐るべし訓練士の実力。



たった1週間でオープンカフェでも「待て」が出来るように成長していました。

グレースの場合、ここまで来るのに妻が訓練士の元に通って3年位掛かったとかって話していました。


当然、訓練って飼い主も一緒に成長しないと無意味なんですけど、吉田家では基礎があるので今回は苦労が少ないのかも。

よく、モデルの仕事をしている関係から「ウチの子も可愛いから使って!」って言われますけど、そもそもウチは使って貰っている身分なんですよね(ーー;)

撮影ってお金を貰うビジネスなんだから、そんなに甘い世界では無いのです。

ただ、なぜ吉田家が訓練に拘るのかと言うと、仕事の為では無くて災害が起きたパニックの時でも呼び戻しが出来、ノーリードで逃げる事、そして避難所に入れないとしてもハウスで過ごす事が出来、更には誰かに預ける事が可能で生きていけるようにする為なのです。

可愛いからペットとして迎えるのでは無く、家族として一生を考えるのって飼い主として凄く大切な話なのではないだろうか?

有り難い事に、今までに知り合った沢山の助言を頂ける犬友達が吉田家を助けてくださるからこそ、そういう考えが出来るようになりました。

なかなか普通の人は、そういう話そのものに辿り着けないのかも知れない。

バイクでもペットでも情報って大切ですよね。
2020/06/26(金) 10:44 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索