FC2ブログ
プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

こんばんは。吉田です。

このところ、細かい用事が溜まってしまって、ブログ更新する時間がありませんでした。

今からロンドンバスに乗車しますけど、今日のお客さんはファッション誌の関係者の皆様。
スタッフさんと言っても、皆さんモデルさんみたいなんですよね~(^^)
一緒になって騒いじゃいますかね(^0^)/

さて、今日の午前中は2時間ほど時間があったので、中断していましたスプロケットガードの型作りをしました。
今回はメス型の前に作るマスターモデルですね。
1122 (24)

1122 (23)

使うのはダイソーで購入した発泡スチロールです。
1122 (22)

まず、大まかなイメージをマジックで描きます。
1122 (19)

1122 (18)

3次元の物はこのように2面のサイズを描きます。

そしたら、これまたダイソーで売っている糸ノコで切りだします。
1122 (21)

1122 (17)

1122 (16)


1122 (14)

当てながらデザインを決めていきます。
確か売っているのは、こんな感じにサメの背びれみたいだったかな?
1122 (13)

こんな感じでどうだ?
1122 (12)

ここまでは、糸ノコで切っただけ。

次は形を紙ヤスリで整えていきます。
今回は60番を使いました。
1122 (11)

1122 (10)

マシーンがエッジの効いたデザインのカタナですから、今回も丸みを出さずに少し角を付けたデザインにしてみました。

1122 (9)

1122 (8)

ほらね。こうして見ると、なんとなくそれっぽくありませんか?

次にメス型を作るときに表面を整えておく必要があるので、アルミテープを貼ります。

1122 (6)

ざっと貼るとこんな感じです。
1122 (5)

これを仕上げるのに私はディープソケットを使いました。
ソケットで擦ります。

すりすりすり。。。。

ほ~ら光ってくるでしょ?
1122 (4)

装着すると、イイ感じ(^^)
1122 (3)

あとは、GSX-Rのスイングアームは取り付け部に凹みがあります。
だから、この部分も綺麗に収まるように1ミリ厚のアルミ板を付けてジャストフィットのマスターモデルに仕上げます。
1122 (2)

これをアルミテープで貼り付けると、
1122 (1)

完成!
1122.jpg

でもね、ここまではイメージで作れるから簡単なんですよね。
私の作業時間は1時間30分位でした。

これのメス型を作るのが本当に大変なんですよね~。

細かい作業なんですよね。
私の手がもっと小さければ作業も楽なんですけどね。

あはははは。

そりゃ無理なお話ですなぁ~(笑)

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2009/11/22(日) 18:41 | コメント:2 | トラックバック:0 |
コメント

テツ

メス型、なかなかの仕上がりですね^^
貧乏チューンとしては、これをこのまま装着して完成?って訳にはいきませんよね(笑)
完成楽しみに拝見しております。

ルートマスターテツさん

レースの車検を通すだけなら、これでも通るでしょうね(笑)

今週末には装着できると思いますよ!
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索