FC2ブログ
プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

諸君、おはよう。
私の名前はバズライトイヤーだ!!

ウッディー!!
聞こえるか?
ミーティングを行うから、集合だ!!

1125.jpg

バズ、何事だい?

1125 (1)

この前、ウッディーは旦那さんに助けられた。
その恩を返さなくてはならない。
これがスペースレンジャーとしての生き方だ!!

1125 (2)

何をして恩返しをするんだい?

1125 (3)

これだ!!

この前、旦那さんが言ってた。
「もっと小さな手だったら、簡単に作れるのに・・」って。

まさに、我々の任務に最適ではないか?

私に任せれば、この程度の物は朝飯前の作業だ!
さあ!!始めるぞ!!
ウッディーも手伝え!!

1125 (4)

使う材料はダイソーのアルミテープだ。

こうやって、少しずつ貼り合わせていくのだ。

1125 (5)

まず、マスターモデルと直接貼る1枚目だけは、裏返しにして糊面を上にしないと、ダメだぞ!
つまり、裏返す事でメス型とマスターモデルが剥離できるようにするのだ。
2枚目からは作業性もあるから、糊面を下にして普通に貼り合わせていくぞ!

作業効率を考えて、まずは全体をおにぎりのように包み込む方法を取ろう。
仕上がった最後にカッターで切り抜いて中のマスターモデルを抜きだす手順がベストだと私は考える。

作業は小さくちぎって、貼り合わせた方がシワにならないから仕上がりも綺麗になるぞ。
1125 (6)

必ず、1枚1枚を貼ったら、擦って仕上げていくんだ。

確か、旦那さんは型を固定するのに紙粘土を使うと言っていたな?

1125 (7)

どれどれ。。。

1125 (8)

ダメだ!!

1125 (9)

これでは、固定にならない。
このアイデアは却下する。

私は私の方法で作り上げるぞ!!

1125 (10)

だいたい5層位に重ね貼りすれば強度は出る。
ちょうど4m巻きを1本使い終る頃には十分な強度が出るはずだ!

あとは、最後にカッターで取り出し口を切り抜くのだ。
スイングアームの取り付けで貼りつけた1ミリ厚のアルミ板が引っ掛かって抜けないはずだから、この場合は一度切りこみを入れて、マスターモデルを抜きだし、最後に補修するのだ。

どうだ?これが仕上がったメス型だ!!

1125 (11)

1125 (12)

私が作業すれば、この程度の内容は1時間も掛からない!!

あっ!!しまった!!

気が付けば、朝になっているではないか(@_@;)

大変だ!!

旦那さんが起きて二階から下りてきたぞ!!

ダメだ!!戻れない!!

ウッディー!!

死んだふりをしろ!!

1125 (13)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


あれ?

昨日の夜は酔っ払って帰ってきたけど、あれから作業したんだっけ?

おやおや??
酔っぱらいながら作ったにしちゃあ、上手く出来ているじゃんか(^^)
1125 (14)

ちょっと強度不足だから歪みがでそうだなあ。
まあ、いいかな?

とりあえず、これで1個作ってみよう!!

それにしても、どうやって作ったんだ?
全然覚えていないなぁ~。



くっくっくっく~。。。。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2009/11/25(水) 08:28 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索