FC2ブログ
プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

さて、昨日の続きです。
FRPの製作物には、硬化時間というものが必ず必要になります。
ですから、週末に一気に作ろうとせず、帰宅後の30分とか1時間を使ってコツコツと仕上げるのが失敗も少ないと思います。
1/1スケールのプラモデルみたいなもんですね。
ただ、私の場合は庭にガレージがあるからできる事ですけど、マンションとかだと、ちょっと厳しいかもしれませんね。
まあ、奥さんの許可が出て、頑張れば今回みたいな小物はベランダでも作れるんですけどね。。。
できる範囲内でチャレンジしてみてください。

一晩置いて完全硬化しました。
1126 (8)

早速、メス型のアルミテープを剥がしましょう!
せっかく作ったのに勿体ないと思うかもしれませんが、あくまでもメス型は破いて棄てる物です。

じゃじゃ~ん!!
1126 (7)

ほ~ら、簡単に剥がれて、表面も綺麗でしょ?
1126 (6)

どお?マスターモデルを忠実に再現できているでしょ?
1126 (5)

はみ出した部分をノコギリでカットします。
1126 (4)

カットしたら、机に20センチ×20センチ位の紙ヤスリを置いて、擦りつければカット面は平らで綺麗に仕上がります。

並べてみると、こんな感じ。
マスターモデルの表面のシワまで全て完全にコピーされてます。
1126 (3)

私の場合はこの程度のクオリティーで十分なパーツだと考えているから、今回の方法を取りましたけど、型から抜いた時の状態が仕上がりにしたい場合は、FRPでメス型を作って、白ゲルコート仕上げとかにすれば売り物と同じ位のクオリティーに仕上がります。
でも、何個も作る訳でもないし、自分で使うだけですから私はそこまでを望みませんでした。

軽くペーパーを当てて全体の仕上がりを見ます。
1126 (2)

次はパテを盛って仕上げに進みます。
今回使ったのは、余っていた「モリモリ120」というパテです。
厚盛りが可能な2液性のパテですね。
1126 (1)

実際は今回みたいに大幅な修正が必要無ければ、プラモデル用のパテでも十分です。
今回みたいに2液性のパテって、混合比2.5%とかって書かれていても計量できないからカンが頼りになっちゃうんですよね。

45分で研ぎ出しが可能と書かれていますけど、私は失敗しない為にも一晩置きます。
1127.jpg

そろそろ完成に近づいてきましたね。
明日には研ぎ出しを行って、缶スプレーで色を塗れば装着できますね。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2009/11/27(金) 07:27 | コメント:4 | トラックバック:0 |
コメント

けんたろー :

以前サーフボードを修理する時に使っていたものと同じだ。 色々な仕様用途があるんですね~。
すぐ固まってしまうし、なんせ匂いが凄まじかった(笑)

ルートマスターけんたろーさん

極端な話、750のサイドカバーを型取りすれば、1000に750と同じデザインのサイドカバーを作る事も可能です。

でも、このレベルになるとかなり大変だとおもいますけどね(^^;

ぷりんあらもーど :

相変わらず、芸が細かいですねぇ。

あっ、そうそう、ホイール下さいね。

ルートマスターぷりんあらもーどさん

了解ざんす。

着払いで送りますから、送料は負担してくださいまし~。
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索