プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

こんばんは。吉田です。

今日は私だけ留守番してても良い休日だったので、久しぶりにガレージで作業しました。
やらなくてはいけない事が沢山あるんですけど、順番から言って次の作業工程を考えてCB1100Rのエンジンを下してしまう事にしました。
0120.jpg

言うのは簡単なんですけど、1100Rってちょっと特殊なんです。

今回はヘッドのOHだけの予定なんですけど、CBの場合はスタッドボルトの関係で車上ではヘッドが外れません。
だから面倒でも、一度エンジンを下さないといけないんですよね~(;一_一)

さらに面倒なのは、ご存知の方も多いですけど、1100Rだけはフレームが違います。
レースで勝つ為に作られたマシーンなので、Fのようにダウンチューブで脱着時の作業性を良くする事なく、剛性だけをメインに考えた末に素材はクロモリ鋼で作られ、エンジンを下すにはオイルパンを外さないとフレームから抜けない構造なんです。

Fなら一人でも簡単に作業できるんですけど、Rは普通二人とかチェーンブロックを使ったりして作業します。

でもね、私は普通じゃあないから一人でサクサク下しちゃいます(笑)

まず、カウル類を外してキャブを外します。
そしたら、驚きの事態を発見してしまいました(@_@;)
これはそのうちにお話ししますね。

ドロドロのオイルを抜いて、オイルパンを外します。
0120 (18)

おや(^^;ストレーナーに何か詰まっている。
金属の削りかすかと思ってビビりましたが、液体パッキンのバリでした。
0120 (16)

外したボルトは灯油に入れて洗浄も同時に行っていきます。
0120 (17)

ほら、すっきりしたでしょ?
0120 (15)

普通の人が一人でこの方法を取る時は軽くする為に足回りを外した方が楽です。
ところが、私は面倒なので、足回りはおろか、カウルステーとかもボルトを外しただけでやっちゃいました(大笑)

用意するのは捨てる予定のリアタイヤ。
太い方がエンジンを守れる?からオススメです。
0120 (10)

2つを重ねて、1つはスイングアームあたりの位置にセット。

どうするかって言うと、そのまま倒しちゃいましょう!
0120 (9)

あはははははは!!!!

普通は毛布とかを使う人が多いですけど、一人の場合は45°位からエンジンが古タイヤに乗っかる位の方が楽です。

あとは、少しずつ位置を調整しながら抜いていきます。
0120 (8)

二人なら、ゴロンと寝かしてフレームをヒョイと持ち上げれば抜けるんですけどね。

私はブログ用に撮影もしながら作業しましたよ~(^^)
0120 (6)

ほ~ら抜けた!
0120 (5)

どお?
0120 (7)

傷も付けずに作業終了!

カウルを外すところから、1時間位で下りちゃいますよ。

始めれば簡単なんですけど、何しろ面倒くさくてね~。
吉田兄弟は作業分担が明確になっています。

以前から話しているように、私はエンジンをいじれません。
何故かって?

自分で組んだエンジンでアクセル全開なんて恐ろし過ぎますよ~(=_=)

その代わり、吉田兄は面倒な作業とかは、やってくれません。

まるで大学病院のオペみたいです。

全ての準備が済んだところで、『先生、お願いします』みたいな感じでしょうか(笑)

このままの状態でエンジンを組むのも作業性が悪いですから、エンジンスタンドも作りました。
0120 (3)

ちょっと話が長いから、それは明日にでもしましょうかね。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2010/02/20(土) 21:11 | コメント:12 | トラックバック:0 |
コメント

ロッシマン :

この方法がベストでしょうね。
リヤのモノサス交換も、
この方法だと楽チンですね。
Fなら1人で簡単に下ろせる・・・、
ハンパない重さでしたけど・・・。

Konny19 :

すごいですね!

見てるだけでも驚きです。

アイデアに脱帽です。

μ :

あんたね~
いくらなんでも電話くらいすればいいのに
降ろしちゃったんじゃ直すしかないじゃんか・・・
近いうちに行きます

ルートマスターロッシマンさん

Fならジャッキが使えるから楽勝なんですけどね~(=_=)

ルートマスターkonny19さん

方法としては珍しいものではないんですよ!
昔の解体屋さんなんかでは当たり前の方法でした。

今は中古パーツとして販売されるので、こんな乱暴な方法を取らなくなっただけなんです(^^)

でも、さすがに1100Rでこういう事をする人間は少ないでしょうけどね(笑)

ルートマスターμさん

まずはバラして、ヘッドだけで済むのか、シリンダーまで抜かなくてはいけないのかを確認したいんですよね。

来週は仕事だと思います。

ミナミ :

オーバーホール編、楽しみにしてます!

プップ :

私はエンジンを下ろした経験が無いのですが、バイクを横倒しして抜くとは思いませんでした(驚)
私好みの方法です(笑)勉強になりました!!

ルートマスターミナミさん

今回は残念ながらチューニングの予定は無いんです。
なるべく1100Rにはお金を掛けたくないから、我慢できるレベルの状態なら、ステムシールだけ交換して、見なかった事にして閉じちゃおうかと思ってます(笑)

できれば、シリンダーを抜きたくないんですよね~(;一_一)

ルートマスタープップさん

自分のバイクの整備なんてこんなものです。

お金をいただくショップチューンや、ショーバイクみたいな仕上げをしていたら、こんな事をしたらダメですよ!

私が塗装とかの仕上げに拘らない理由はこのあたりにあるんです。

テツ

いやはや、タイヤの上に押し倒して・・・
マスターお得意の強引プレーですね!!

エンジンおろすまでが早ぇ~!!!

ルートマスターテツさん

こんなのは誰がやったって、簡単なんですよ(^^;

いろんな車種で何度か経験すると、段取りが良くなるだけの話です。

カタナだったら、もっともっと簡単に下せて積み込みも一人で楽勝なんですけどね。
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索