プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

今度の週末は晴れ間が覗くみたいですね。
ちょっとカタナにでも乗ってみようかと思います。

さて、昨日は雨でしたが、吉田兄に来てもらって、とりあえず部品注文の関係もあるので、ヘッドをバラす事にしました。

出処不明のエンジン。。。
0308 017

恐ろしい(-"-)

問題のカムは間違いなく加工カム。
0308 007

それも、どうやらオージーのオヤジ(ダジャレ?)が手削りしたみたい。
それがどういうチームのチューナーなのか解りませんが、少なくとも繊細な仕上げとは言えない状態(;一_一)

バーニアタイプのカムスプロケットも使っていなく、微妙にズレているみたい?
もしかすると1コマ違っているの?

う~ん。
いつものごとく、吉田兄がブツブツ言っているけど、私には良く解らない。

とりあえず、外して中を確認してみますかね。

コンコンコン。 ポコ。。。

おっ、浮いた。
どれどれ。

どれどれ。

どれどれ。

・・・。

あれ?あれれ?

じょりじょり。

じょりじょり。

5ミリ位浮いているんだけど、外れない。

どうにもこうにもならなくなり、二人掛りで持ち上げる。

せ~の!ふんッ!!

せ~の!ふんッ!!

せ~の!ふんッ!!

ズボッ!!

やったぁ~!!抜けたぁ~!!

ふ~ぅ。。。。

あッ!

・・・・・。

なんじゃこりゃ?

0308 006

(;一_一)(;一_一)

砂地獄じゃ~!!

こりゃ、グラベルに突っ込んで砂遊びしちゃったんでしょうね。

どうする?
掃除機で吸って、見なかった事にしちゃう?

閉じちゃえば解んないよ!

おいおい(;一_一)
俺も一緒に見てるんだから解るでしょ!

それにしてもスゲー燃焼室。
0308 005

ここまで酷い状態だとは・・・。
0308 004

でも、カーボンが剥がれた部分を見ると、一応はちゃんとバルブも磨いてあるようです。

ここまできたら、仕方がない。
シリンダーも抜くしかないな。

ぷりんあらもーどさんからの忠告で、CBのエンジンはシリンダーを抜く時は逆さまにしないと100%クランクに砂が入ると言われてます。

今回、私からのアドバイス。
砂遊びをしてしまった場合はヘッドを外す時にも100%砂が入ります(笑)

ところが。。。
0308 003

今度はシリンダーが抜けない。

どうやっても、ガスケットが剥がれないんです。
0308 002

ハンマーで叩くと砂が出てくる恐ろしさ(-"-)
0308 001

あんまりムキになって、叩いているとフィンを欠いてしまったりするので、ひとまず1週間潤滑剤を吹きかけて、お祈りする事にしました。

どうか来週には外れますように!!(^人^)

それよりも、次の工程でクランクに砂が落ちて、全バラにならない事を祈りたい。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2010/03/08(月) 08:26 | コメント:4 | トラックバック:0 |
コメント

空冷四発 :

1週間後腰下から子猫が出てきたら面白いんだけど・・・・・ブログ的に(笑)。

そのエンジンってオーストラリアでどんなレースで活躍してたんだろう。気になります。

ぷりんあらもーど :

抜けるスタッドは抜いてしまいましょう。

ルートマスター空冷四発さん

たぶん、エンジンには『B』って刻印が打ってあるから、スペアーエンジンだったんじゃないですかね?

なるべく手を掛けずに終わらせたいのですが・・・。

ルートマスターぷりんあらもーどさん

予想以上に悲惨な状態かも・・・。
ヘッドのカーボンに砂粒が混ざってますから、グラベルに突っ込んだ時にたぶん吸っているんだと思います。

バルブがギタギタになってたら、どうしよう(^^;;
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索