プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

今日は晴れているんだけど、寒いですね~。

私はカタナのウインカーが点かなくて乗れずにおります。

新品のウインカーリレーに交換したんだけど、何でだ?(;一_一)

私に電装系が解るはずがなく、吉田兄の時間が作れるのを待つしかない。

こんな日は、シーズン前の儀式?として、皮ツナギのメンテナンスでもしましょうかね。
0327 002

出掛けた妻に内緒で、またしても敵のオイルを使ってしまえ!(笑)

ミンクオイルを買ってくればいいだけなんですけど、『レザーリッチ』というネーミングについつい手がでてしまう(^^)
0327 001

何て言ったって、オイラにとっては高級革製品だからね。
敵が持っているヴィトンのバッグよりも高かったんだから(大笑)

転倒とかしないで、丁寧に使えば長持ちしますよね。
私の皮ツナギは13年物かな?

私は密かに大人ライダーの間で皮ツナギを流行らせる活動をしたいと思っております(^^)
事故を起こすのを前提で乗る人なんていません。
でも、何が起こるか解らない乗り物であるのは確かです。

だって、オートバイって本当は凄く危険な乗り物なんですから。

だから、シートベルトと同じ気持ちで、皮パン+皮ジャンもしくは皮ツナギを着た方がいいと思うんですよね。

高速道路で、オートバイが観光バスとかのスリップストリームに入ってしまった事故とかって見た事ありますか?

本当に悲惨なんですよ。

Gパン+Tシャツだったライダーは、100メートル以上に渡って・・・。

ストリートの事故はサーキットの転倒とは訳が違うんです。
安全を可能な限り確保されたサーキットで皮ツナギを装着するのに、それ以上に危険な外的要素があるストリートでは無頓着なのって、矛盾していると思うんですよね。

楽しみ方って人それぞれだと思いますが、守るべき人がいる方は、自分自身を守らなければいけない立場だと私は思います。
だからなるべくフル装備で乗りましょうね。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2010/03/27(土) 12:15 | コメント:6 | トラックバック:0 |
コメント

suzuki : こんにちは。

先日は突然お邪魔してしまいましたが、ご返答ありがとうございました。
フル装備のお話、まったくもっておっしゃる通りだと思います。私も今年で37・・・妻と息子に迷惑掛けない様、頑張りたいと思います。

ろっしおじさん :

確かにおっしゃるとおりですね。
大人としてしっかりせねばいけませんね
ツナギは私もクリーニングしなきゃな~
ちなみに本日は一回転倒してまいりました(涙)

ルートマスターsuzukiさん

何を着ていたって、ダメな時はダメなんですよ。

残念ながらこれだけは仕方が無い事です。

でも、ベッドの上で、あの時にツナギを着ていれば、関節まで削られる事は無かったのに・・とか、脊髄パットを装着していれば、下半身が動くようになったのに・・・。なんて考える事だけは絶対に避けなくてはいけないと思うんですよね。

だったら乗らなければいいのにっていう事になるんですけど、それはできない相談なんですよね。

ルートマスターろっしおじさん

・・・・(;一_一)

あの~ろっしおじさん。。。

勘違いしないでくださいよ。

私がツナギを着た方がいいって言うのは、転んでみろと言っている訳じゃないですからね。

Nチビですか?

たしかにミニバイクは転倒するのが日常茶飯事なんでしょうけど、怪我は同じだけするんですから、無茶しない方がいいですよ。

空冷四発 :

「革ツナギ+脊髄パッド」って「任意保険」と一緒ですね。万が一に備えて最悪の事態は避けたいものです。

ルートマスター空冷四発さん

ただ、周りの視線は相当痛いですよ(-"-)

特に家族連れが沢山いる飲食店は、出入り禁止です(笑)
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索