プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

今日は暖かいですね~。
夜明けが早くなったので、目覚まし時計よりも早く起きてしまいました。

さて、今日のお話はキャブレターについてですね。
0406 001

昨日のヒデさんのブログを読んでいたら、まんまとハマってしまったみたいなので、ちょこっと基本のお話でもしておきましょうか(^^)

自分でセッティングしている方にとっては、あんまりにも基本なので面白くないでしょうけど、初めてキャブを調整する人間にとっては、禁断のパーツでもあるんですよね(笑)

それが『エアースクリュー&パイロットスクリュー』です。

ジェット類は交換するだけなので、何とかなるんですけど、スクリュー系って何も知らないで単なるお掃除だと思ってマイナスドライバーを使って『ん?このネジってなんだ?とりあえずオーバーホールだから全部外しちゃえ! およよよよ~???なんだよ~ちゃんと締まってなかったじゃんか!危ね~!ん?あれ?スプリングが出てきた。あれ、これって単なるネジじゃないの???』っていう初心者もいるんですよね。

そんな馬鹿はいないと思うでしょ?
それがいるんですよ~。
ここに。。。

それは吉田少年が17歳の時。
友人のノリちゃんのGPZ400Rでやってしまった事件でした(大笑)

その後はどうしたかって?
どうする事もできませんよ。

とりあえず、適当に真ん中の2回転位のところまで戻して組んじゃいました(-"-)
当然の事ながら調子が悪くなり、どうする事もできないから解体屋で中古のキャブを買って交換したんですけどね。
それで、何となく走るようになりました。
おー!調子がいいキャブじゃん!!とか言ってね(爆)

本当は中古のキャブを買ってきたって、セッティングはエンジンとの関係なんで、やり直さないといけないんですけど、高校生にはそんな事が解る訳もありませんよね(笑)

私は22年間もず~とこんな事をしていますけど、たぶん私のブログを見にきてくださっている方の半分位は、私の高校生時代の遊びを今始めたんじゃないかと思います。

誰だって失敗するんですから、どんどんチャレンジしてみてくださいね。
私がアドバイスできる事はお手伝いしますから。

当時の何も知識が無い吉田少年が陥ったミスについてお話しましょう。

何回転戻すの?
何がどうなっているの?
そもそもこれって何のパーツ?

今はネットとか雑誌で詳細に解説されているから、そこそこの知識は簡単に手に入ります。

以前にも書いた内容ですけど、ちょっとおさらい。
ケイヒンのFCRとかに使われている『エアースクリュー』は、アクセルの低開度時の吸気の量を調整するパーツです。
これに対して、ミクニのTMRとかに使われている『パイロットスクリュー』は燃料の量を調整します。
本当はTMRの場合はスロージェットとスローエアージェットで計量された混合気の量を調整するんですけどね。

つまり、エアースクリューは緩める程に薄くなり、パイロットスクリューは緩める程に濃くなります。

メーカーの違いですから、私の知っているところではエアースクリューとパイロットスクリューの両方を装備している物は流通していないと思います。

自分のノーマルキャブはどっちだ?って思いましたか?
エアークリーナー側に付いていれば、エアースクリュー。
エンジン側に付いていればパイロットスクリューだと思います。
たぶん。(;一_一)解らなかったら調べてみて。

それで、話を戻すと。
吉田少年の失敗は、戻し回転なんていう知識が無かったので、真ん中位にしてしまった事。
つまり、スクリューのマイナスネジ部分を見て、横一列に並べたんです。

これが大きな間違い。

精密部品であっても、加工誤差ってものがあります。
それも微差ではありません。
つまり、気筒ごとに締め込むとマイナスネジ部分は一列には並びません。

外したままのCB1100Rのキャブだから、汚いですけど勘弁してください(-_-;)
0406 002

0406 003

ほらね、違うでしょ?

セッティングを繰り返すとどこが全閉位置だか解らなくなるので、マーキングをするんですけど、マジックだと当然ガソリンを扱うから消えてしまいます。

私の場合は後の事など考えませんから、ヤスリで全閉位置を削ってマーキングしております。
まあ、エアースクリューを交換する事なんて普通では無いですからね。

規定の戻し回転数って1・1/2位なんですかね?
おおむね1/8回転刻みで調整すれば3回位でアイドリングが安定してくると思います。

大きく空吹かししても意味無いですからね。

キャブレターのセッティングはアクセル開度に対する担当領域です。

空ぶかしの時、ブウォン!っていうウォンの部分はアクセル開度が1/2位じゃないですか?
これは、ニードルの担当領域だったりします。

う~ん。説明が上手くなくてごめんなさい。
私の場合は感覚で判断するので、解りにくいのと違ったニュアンスで伝わっちゃうかなぁ。

でも、何事も経験です。
やらないで解った気分になってる人よりも、絶対に失敗した人の方が一歩先を走ってます。
頑張ってくださいね。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2010/04/06(火) 08:12 | コメント:6 | トラックバック:0 |
コメント

suzuki : おはようございます

ラスベガスお疲れ様です。
やっとこのブログが戻って来て落ち着いております。日課なもので(笑
キャブレター・・・深いですよね。同じ失敗を今まで一体何度繰り返してきたのやら。
未だ「禁断のパーツ」です(笑

ルートマスターsuzukiさん

どうも。

難しく考えない事が一番です。
完璧を求めるから禁断のパーツになってしまうだけの話ですよ!

きなぱぱ :

おかえり
おーストライクな記事
まるで自分の事を記事にされてるみたいで
びっくり
三つのキャブが穴という穴どこもかしこも
塞がっている  ただいま貫通作業中
スロットルくっついて動かない
こんどは自分でやるから  教えてね

ヒデ :

もうすぐ43歳を迎えるメカオンチです^^
ずっと乗り専できていたツケがようやく廻ってきたようです(笑

エアースクリューはいいのか悪いのか、上までちゃんと吹け上がるようになりました。
アイドリングは安定し、プラグもいい感じで焼けていても回していくとつながりが悪かったり。。。
もしかしたら他に原因があるかも知れませんが、少し濃い目で上まで力強く回るようになりました。
アクセル開度でジェット類の担当が違うのは解りますが、スロー系の微妙な違いで上まで影響してくるのも今回勉強しました。

今回はガス欠までして、人様に迷惑までかけてしまって。。。

しかし爆音でフル加速する愛車に戻った時、異様な達成感がありました^^

ルートマスターきなぱぱ

またしても、腐ったキャブレターですか(-_-;)

私が使っているキャブレタークリーナーが強力なんだけど、どこで買ったんだっけ?
アストロとかで売っているとおもうんだけどなぁ。

ルートマスターヒデさん

担当領域は重なり合っているから、答えは一つじゃないんですよね。

シビアなセッティングを追求する方にとっては許せない状態であっても、私なんかは走ればいいと思ってますから、適当でいいんですよ。

自分の愛車です。
他人の意見なんて聞く必要はありませんからね。
自分の好きな状態に作り上げた時がベストな状態だと私は思いますよ!

これからも頑張ってください。
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索