プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

私のブログを見に来てくださる方って、カタナ乗りとCB乗りだとどちらが多いのかな?
結構どちらでも無い方が多かったりして。

今日はCBネタというよりも、あの当時のスーパーバイクが好きな方、言い方を変えると40代の方を中心としたバイクブームを生きた方々へ向けてお話しましょうかね。

私もそうですけど、今40歳前後の方って、独身であれ、既婚であれ、背負っているものが何かしらあるのが現状ですよね。

そんな中、何でバイクなんていう危険なオモチャを選んでしまったんでしょうね。
少なくとも車の方がリスクは少ない遊びなんですけど。

だから普通の方は危険なオモチャだと分かっているからこそ、仕事に支障が無いように週末とかでプラッとツーリングに行ったりします。

ところが、中にはこの危険な遊びを人生の中心?にしてしまっている男達がいるのも、また事実。。。

マンガ以上の世界は本当に存在します。

プライベーターと一言で言っても、やっぱりこれもピラミッドだと思います。

頂点をヨシムラのよな、今ではメーカー規模にまでなってしまったチームを置くとするならば、底辺を教習所で免許を取ったばかりの若葉マークさんとして考えると、上部にいるのがチューニングショップなどのオートバイで生計を立てている方々になるのでしょうか。

そんな中でも、T.O.T.などに出ているライダーさん達も当然上位に位置しますよね。

ライセンスによっても位置づけは決まります。

でもね、中には全くオートバイとは無縁の仕事をしていて、コツコツとお金を貯めて、少ない予算の中からパーツを購入し、助けてもらえる仲間の協力を受けながら走っている男が存在するんですよ。

彼らの生き方は本当に格好いい。
雑誌の記事では書けないような話をいくつも持っております。

そんな彼らは引き寄せ合うものがあるのでしょうね。
知り合いの知り合いはみんな友達だったりします。

オグさんがいる埼玉のモビーもGSの世界では、有名ですけど、横浜のZ乗りさんとかは、ほとんど伝説になってますもんね。

今日はそんなクレイジーな男の中から、お友達の『ぷりんあらもーど』さんをご紹介しましょう。

よくコメントをくれるんですけど、今までブログを書いていたって私は知らなかったんですよね。

今年もモビーの社長と一緒にデイトナに渡った男です。

GSとCBを船に載せ、あのデイトナに2年連続で参戦するって、普通に考えたらどうかしてるでしょ?

でも、確かに彼らは数人で海を渡りましたが、そこまでには多くの仲間のサポートがあったのも事実。
そんな仲間の思いもコンテナに詰め込んで走ったデイトナは、どうだったんでしょうか?

気になるでしょ?

ね?

ね?

今回のタイトルは『スペンサーのCBーFは今でも走っていた!』とさせていただいたので、ぷりんあらもーどさんの記事をリンクさせましたが、できましたら、去年のデイトナ参戦記あたりから、読んでいってもらえると、本当のプライベーターの生き方が見えてくると思います。

だれが見ても美しいとは言い難いCB-F。
1102 (9)
高価なホイールも足回りも使われておりません。
今流行りの美しいオールペイントもしておりません。

ぷりんさんのCBと同様に、私のCB1100Rが世界一汚いと自負していても、綺麗にしない理由は、この状態が今現役で走っているマシーンだという『リアル』な主張でもあるんですよね。

時間がある時にでも、読破してください。
きっと、オートバイに対する何かが違って見えてくると思います。

ぷりんあらもーどさんブログ

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2010/06/02(水) 08:29 | コメント:7 | トラックバック:0 |
コメント

suzuki : こんにちは。

リアルな主張、凄く良く判ります!
ショーウィンドーに飾られていてもおかしくない程綺麗なオートバイよりも、写真のCBやルートマスターさんの所有するオートバイの方が、私には何倍も光って見えます。

ロッシマン :

わかりますねー、その気持ち。
うちのCBも、オリジナルコンディション?
当時のままの状態でクリヤーがはげて、
塗装の艶がなくなったりしてますが、
キレイ塗りなおすと、
今まで30年生きてきたバイクの歴史が消えてしまう気がするんですよ
自分が気にいっていれば、OK!
この感覚をもたなきゃ、
自分好みのバイクなんて、作れないですもんね。
テイストのCB&GS、
ルートマスターさんの2台ともに、
最高にカッコイイですよ。

Konny19 :

いつもながら酔っ払ってのコメントで大変申し訳ございません。

が、好きなものは好き、譲れないものは譲れない、背負ってるものの大きさは織り込み済み。

偉大なる愚か者に乾杯。

一度きりの人生、好きなものは好きでいきたいですが本音です。

失礼しました。

ルートマスターsuzukiさん

くっくっくっく~。
変態の世界にようこそ(笑)

私の意見なんて、単なる貧乏人のひがみなのかも知れませんよ~(^^)

ルートマスターロッシマンさん

実車を見ているロッシマンさんなら、お解りだと思いますが、何だかんだ言っても一般の方が見れば、汚いだけなんですけどね。

私の妻はゴミだと言ってます(;一_一)

ルートマスターkonnyさん

いつもながらの酔っ払いさん。

本当に毎日飲んでるんですね(笑)

そのうち鎌田で一緒に飲みましょうかね(^^)

☆MEON☆懐かしいですね〜

また、ぷりんあらもーどさんに活躍して貰いたいです♪
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索