プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

連休はどうでした?

さて、今日からは、CB1100R編ですね。

まず、手始めにフロント回りからお話しましょう。

以前にもお話しましたが、基本的に私のやり方は邪道ですから(笑)
所詮、ガレージにストックしてあったパーツを不動車にくっ付けて走れる状態にした程度です。

こういう事に興味がある方は参考にしてみてください、というレベルですからね。
予算があればこんなパーツのセレクトもしませんし、お勧めもしません。

予算的に余裕がある方には、できるだけカスタムショップに全てをお願いするか、もう一つは専用のレーシングパーツを購入する事をお勧めします。
レーシングパーツの装着はマシーンの性能を上げる基本であり、早道でもあり、ポテンシャルアップで言うと最終的な到達点では安上がりになります。

でも、私には20万円の予算しかなく、何よりも自分で作るのが好きだからこの道を選んだまでです。

前置きが長くなりましたね。
フロント編です。

フロント1

今回のパーツセレクトでは、本来なら18インチのフロントホイールを使いたかったのですが、手元にある18インチはCB1000SFしかありませんでした。
CB1000SF用では、さすがに太すぎます。

仕方なく17インチにしますが、隼用も太すぎるので、今回はNSR用を使用する事にしました。

フロント2

フロントフォークはCB1000SF用があったので、これを使います。
本当は、あと2センチ位長いのが良かったんですけどね。
とりあえず様子を見る事にします。

この内容でしたら、一般的に言ってCB1000SFのステム回り一式を購入して加工すれば簡単に装着できます。

でも、私はもう少しクイックなハンドリングにしたかったので、オフセットを減らしてフォークピッチを広げられるGSX-R750用を使用しました。
これだけ新品を購入しましたが、43Φの90年式あたりの物だった気がします。

明日からは、細かい装着方法についてお話しますね。
ポチっと押して、また明日~!
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2008/11/25(火) 08:23 | コメント:1 | トラックバック:0 |
コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索