プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

この連休はいかがでしたか?
灼熱地獄の中をツーリングしてた人も多いんでしょうね(^^)

私ですかい?

無理ですよ(^^;
こんな猛暑の中でバイクに乗るなんて。。。

耐久レースじゃないんですから(-"-)

私は少しだけ作業をしました。

今回はキャブレターのお掃除ですね。
0718 010

アクセルの開け始め辺りでちょっと引っ掛かりがあったので、たぶん埃かな?と思いまして。

よくキャブレターのOHという言葉を耳にしますけど、そんな大した内容ではございません。

普通に分解洗浄するだけで十分です。

この内容でOHと呼ぶようでしたら、よっぽど放置されたキャブで、内部がタール状になってしまいジェットとかが目詰まりを起こしているレベルでしょうか?
それか、本格的にシール類を全部交換したり、すり減ってガタが出ているパーツを交換する事を意味します。

私の使い方で半年に1回。
走行距離で言うと、1000キロ位でしょうか?
この位のサイクルで掃除をしてあげると、直キャブでも良い状態を維持できます。
また、それほど酷い汚れでもないので、結果としてお掃除も簡単に終わるんですよね。

さて、作業は至って簡単。

外せるパーツをバラバラにして灯油で洗うだけ。
0718 009

何も知らないと、キャブレターの掃除と言うと、キャブクリーナーを使わないといけないと思いますよね?

いろんな種類が出てますけど、たとえばC-R-Cとかね。
0718 008

確かにキャブクリーナーはタール状になったジェット類に掛けると、面白いように溶けます。
汚れも真っ黒なのがダラダラと流れてきて気持ちいい(笑)

でも、ちょっと待った!

そもそも、そこまで汚いキャブレターにするのは、お手入れ不足です。

また、キャブクリーナーはジェット類の掃除をするのには適してますけど、ゴムシールに対してはダメですよ!

ダメって言うのは言い過ぎか。

たぶん、使った事がある人は解ると思いますけど、フロートチャンバーのゴムシールに掛けるとビヨ~ンって伸びちゃいます。
負圧キャブの上の蓋を開けてバキュームを取りだしたら、ビロビロに伸びて収まらなくなっちゃった経験ってあるでしょ?

一晩置くと、乾燥して元に戻るんだけど、良い状態じゃないのは解りますよね。
一番怖いのは、伸びた状態のシールを無理やりに押し込んで燃料漏れを起こす事。

中古のバイクを買って、キャブを開けたらビロビロのシールを挟んでしまっているケースってありますからね。

リスクは少しでも減らしましょう。

灯油だって、若干は伸びますけど、キャブクリーナーの比ではありません。

ミクニのキャブクリーナーは高いけど、伸びが非常に少ないから、大丈夫という話を聞きましたが、私がそんな高価なケミカルを使える訳もないので、実証はできておりません。

私の使い方は、小さなトレーにジェットだけを付け置きします。
0718 006

組む時にエアーブローも忘れずに。

ボディー類はバットに灯油を入れてジャブジャブ洗います。
0718 007

前にも言いましたけど、TMRを使用している方は『オーナーズマニュアル』を必ず手に入れてくださいね。
0718 005

この薄いマニュアルは本当に良くできていると思います。
トラブルシュミレーションとかも、素人が読んで理解し易い言葉で書かれているので、私のように説明書が大嫌いな人間でも大丈夫です。

バラしたついでに油面の高さをチェックします。
マニュアルによると12±1mmですね。
0718 004

一度セットしたら、そんなにズレるパーツじゃないんですけど、作業をしなれていない方だと、掃除中にフロートをぶつけてしまい、油面高さがズレしまったりします。
0718 003

メンテナンスしたつもりが、調子を崩す切っ掛けだったりするのは、よくある話です。

あとは組みつけて完了。
0718 002

そうそう。
以前、ヘタレカタナ乗りさんが、走行中にTMRが落ちたから、ヒモで吊っているっていう記事にしてましたけど、以前は私も走行中に落としました。
ウイリーして着地したら、ボ~~~~って。(笑)
0718 001

これは、ショートタイプのスピゴットリングに交換したら、外れなくなります。
支点と作用点の問題ですよね。
重たいキャブレターがインシュレーターから遠い距離にあると、当然大きな力になってしまいます。

あっ!勘違いしないで欲しいのは、その為にスピゴットリングをショートに変更した訳じゃないですからね(笑)

考えがあって交換したら、抜けなくなったというだけです。

気になった方は、たまにはキャブレターのお掃除でもしてみてください。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2010/07/20(火) 08:29 | コメント:4 | トラックバック:0 |
コメント

ろっしおじさん :

毎日暑いですね!!
仕事中にフラフラきてます(笑)
この気温だとバイクに乗るのも命がけ?
今はバイクよりBBQや川遊びなどに気持ちがシフトしてます(笑)

ヘタレ刀乗り : わかるわ~

>無理ですよ(^^;
>こんな猛暑の中でバイクに乗るなんて。。。
ですよね~♪
僕も無理です・・・・
(今は、別の意味でバイクにのれませんが・・・)
しかし、吉田さんの記事は役に立つな~
僕もTMRなので、参考にさせてもらいます。
この間、NAPSに行ったらTMRは無く
FCRだけになってました・・・・・
もしかして、TMRって無くなるのかな~('A`)

ルートマスターろっしおじさん

ろっしおじさんの仕事はキツイでしょうね~(;一_一)

お盆過ぎには朝だと涼しくなるんですけどね。

ルートマスターヘタレ刀乗りさん

無くならないでしょ。

TMが無くなってないんですから(-"-)

改造しちゃったバイクの車検って、面倒臭いんですよね。
その手間を考えると、ユーザーで通すより、滝谷二輪店に頼んじゃった方が安上がりだったりもするんですよね。

引き取り~納車までやってくれるから、仕事から帰ると、新しい車検証とともに元あった場所に戻ってきてますから(^^)
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索