プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

もう週末なんですね。

私は明日、お仕事の関係で船に乗ってきます。
いったい私は何屋なんでしょうね(^^;

さて、吉田兄からCB1100Rのシートカットが終了したというメールが届きました。
後は組み立て作業なんですけど、たぶん相当削ってしまったからバルブが引っ込んでしまっているらしいんですよね。
バルブクリアランスの調整に使うシムが使えないかも知れないと言ってましたから、次なる小技でピンチを乗り切らなくちゃいけないようです(;一_一)

CBのガスケットは来週か遅くても月内には納品らしいです。

そうそうPMCさんに問い合わせしてみたら、ちょうど夏のクリアランスセールで在庫品は全て15%引きでした。

なので、カタナのワイセコ用コメティックガスケットを注文しちゃいました。

あとは純正のガスケット類を買えばOKですね。

前置きが長くなりましたが、本題です。

先日はスイングアームにスタンドの受けを作りましたので、今回はスタンド側の加工です。

大した内容じゃないんですけどね(^^;

まず、幅が狭くて使えない受け部分をカットします。
0723 009

そしたら、そこにパイプを溶接するだけなんですけど、こういう風に左右対称の高さ・傾きで溶接するのって難しいですよね?
フレーム加工でレイダウンしたり、ステップの受けを溶接したりする場合と同じです。仕上げた後にパーツを装着したら、左右でバラバラだったりする事ってありますからね。

本当は治具を作って溶接するんですけど、1台だけの為に専用の治具なんか作っていられません。

いつものように大雑把な作業で処理します。

こういう場合は最初にフラットバーをそのまま溶接しちゃいます。
そうすれば左右も対象な平面が寸法確認しながらセットできるでしょ?
0723 008

溶接が終わってから必要な部分だけを残してカットします。
0723 007

左右対称の平面があれば、そこにパイプを正確な位置に溶接するのも難しくはないはずです。

最後の仕上げに進む前に必ず使い勝手を確認しましょう。

ほら、ちゃんと使えるようになったでしょ?
0723 006

あとは、右側のキャリパーに当たらないように鉄板でガイドを付けてあげれば完璧です。
0723 001

見た目は汚いけど、サンダーで形を整えればそれっぽくなると思います。

100円のレーシングスタンドも再利用できて良かったです(^^)
0723 002

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2010/07/23(金) 08:22 | コメント:2 | トラックバック:0 |
コメント

ヘタレ刀乗り : おはようございます

なんでも自作しちゃうんですね~
僕だったら、買ってるな~(笑)
(不器用なもので・・・)
ルートマスターさんは、お仕事忙しいのに
よくバイクをイジる時間を確保できますね~
(しかも、この暑さ・・・・)
尊敬に値します( ゚Д゚)ゞ

ルートマスターヘタレ刀乗りさん

違うんだなぁ~

逆です。

よくそんだけ遊んでいるのに仕事をする時間があるなぁ~って考えてください(笑)
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索