プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

既に夏休みの方って多いんですかね?

さて、手間取ってました、ぷりんさんに頼まれたCB-F用のシートが完成しましたよ!

前回はスポンジを貼ってカットしたあたりまででしたかね?

今日は仕上げのお話ですね。

今回は削りが多かったので、#40の木工用紙ヤスリでガンガン削って、仕上げに#60を使用しました。

貼り合わせ工法の場合は、マジックで描いたカットラインと併せて、貼り合わせの接着剤が地層みたいに浮き出てきますから、その形状を参考に左右の削りを調整すると、整え易いと思います。
0809 006

ほらね、最初のぷりんさんが手でちぎったスポンジとは大違いでしょ?(笑)
0809 005

スポンジが完成したら、表皮の手縫いを仕上げます。
0809 007

難しい作業じゃないんだけど、何しろ手間が掛かる(-_-;)

縫えたら余分なミミをカットします。
0809 009

ほら、できた。
0809 008

今回は余り物の布地を使っちゃったけど、違う色とか、材質を縫い合わせるとしても、手間は当然同じです。

表皮貼りは、前後のバランスを決めたら、一番低い部分から仮止めします。
0809 011

私は仮止めに画鋲を使って、タッカーで本止めしました。
0809 010

あっ!これもプロの人はどうしているのかいるのか判りません。

あくまでも、私の素人手順です。

あと、ショップの場合は、縫い目からの雨水の滲み対策として防水処理とかも行ったりします。

ゴムのパイピング処理もこの為だったりします。
今回は余り物で作っているのと、レーサーのぷりんさん号には、そこまでのクオリティーも必要ないかと(^。^)

いくら綺麗に仕上げたって、1回の転倒でボロボロになります。

本当はコケない事が一番なんだけど、レーサーの場合は避けては通れないのも事実。

現役で走るってそういう事。

これが、ショーバイクと違うところであり、私が好きな世界でもあります。

ぷりんさん、
昨日送りましたからね!

あくまでも昔のイメージで作りました。
0809 013

一度走ってみて、修正する部分を言ってもらえれば、直しますよ。
0809 014

スポンジは私と同じ仕様なので、コチコチですけどダイレクト感は最高だと思います。

こんなのですけど、一応は世界に一つしかない特別オーダー品です。

ぷりんスペシャル完成!
0809 012

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2010/08/09(月) 08:25 | コメント:2 | トラックバック:0 |
コメント

空冷四発 : 素晴らしい!

ハンドルは角度変えたり長さ変えたり・・・ステップもしかり。肝心なシートはせいぜいアンコ抜き程度。

自分のライディングに合ったシート形状に自由自在に変更できるなんて素晴らしい!

何か真似したくなって来た(笑)。

ルートマスター空冷四発さん

そうなんですよね。
実際はハンドルの位置よりも、シートの位置を自分に合わせる事の方が重要なんです。

こういうのって、他人にお金を払って作ってもらうと、修正するのがもったいないから、失敗しても我慢して使ったりするケースが多かったりするのも事実なんですよね~。
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索