プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

今週末は天気が悪いみたいですね。
もうすぐ紅葉シーズンですから、お山は落ち葉が積もって怖いんですよね~。

さて、カタナのシート&タンクはRピンを使って、クイックリリース仕様にしておりましたが、それに引き換え1100Rのメンテナンス性の悪さには困っておりました。

なんと言っても、私のオートバイに対する接し方は、常に耐久レースみたいなものです(笑)

カウル&タンクを外すのに、一々工具を使うなんて面倒臭くてしかたがありません。

ジャンクBOXから何かの特殊ボルトを見つけました。

ネジはM8で、途中から10mmになっているボルトです。
そして六角レンチで締めるタイプを見つけました。

これまた作業は簡単。

一度セットして、Rピンを装着する位置に2mmの穴を開けます。
1026 (4)

そしたら、サンダーとヤスリを使って、ボルトの傘部分を削り落します。
1026 (3)

ほ~ら完成!
1026 (2)

調子に乗って、リアカウルも同じ方法で仕様変更します。

穴を開けて、
1026 (8)

カットして、
1026 (7)

完成。
1026 (6)

フレーム側のM6ナットに捻じ込み、裏にナットをかませてダブルナットで固定します。

こんな感じになります。
1026 (1)

シートカバーも同じ方法で作りました。
1026 (5)

これで、先日は走ったんですけど、休憩中にQちゃんが『あれ?ピンが外れ掛かってるよ!』って・・・。
1026_20101026080320.jpg

じぇっ(;一_一) やっぱり。

ちょうどブーツが当たるから外れる予感はしていたんですよね~。

左側を見ると・・・。
1026 (9)

無くなってました(T_T)

次はRピンの改良版を作成しますね。

そうそう、こんなのはドカティとかに使っているクイックリリースにすれば?って思いますよね?

でも、あれってカウル同士で使ったりする構造だから、もともとM6ボルトで固定しているバイクには使えないんです。
それに1本1000円近くするボルトを私が使う訳ないですよね。
絶対にあんなのは200円程度が適正価格だ(--〆)

改良品を作ったら、また報告しますね。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2010/10/26(火) 08:08 | コメント:2 | トラックバック:0 |
コメント

VV-浅草初めて知りました

クイックリリースってこんなに簡単に作れるんですね~
なるほど!!とうなってしまいました

こんどやってみます

ルートマスター : VVー浅草さん

何事も難しく考えない事です。

シンプルな物が一番使いやすかったりするんですよね(^^)
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索