プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

今日は天気が崩れるみたいですね。

さて、今日は何をはなしましょうかね。
CBのカウルのお話でもしましょうか。

カタナの場合は最初からトップブリッジの下にセパハンが付いているので、カウルとの緩衝がさけられますが、CBの場合はレーサーレプリカと言ってもハンドルが高いんですよね。

私の場合はフロントフォークの短さを補う為と、もともと低いポジションが好きなので、CBもトップブリッジの下に装着してます。

当然、カウルにぶつかりますが、私は何の躊躇もなく、カウルステーに鉄板を溶接して4センチ程カウル全体を下げてしまいました。

CB購入2

CB-R2

写真を見てわかりますよね?

タイヤとカウルの隙間が少ないですが、これはフォークが短いんじゃないんです。
昔、ミハラスペシャリティーのニンジャがやっていた方法ですね。

さて、明日のお休みでセルモーターの改造が仕上がってくるのかな?

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2008/12/05(金) 09:33 | コメント:3 | トラックバック:0 |
コメント

μ :

あがりません。
もうしばらく待っててね

ルートマスター

4月頃までに上がればいいですよ~

檜 : なるほど。。。

それでセンターカウルレスなんですね。
フロントの小径化による外観上の違和感も大分和らいでますね。
狙ったんですか?
機能と外観をバランスさせるセンスは流石ですね♪。
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索