FC2ブログ
プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

また連休がやってきてしまいましたね(;一_一)

でも今回、私は月曜日に仕事が入ったので、精神的に楽です。
今日、明日はあまり手を汚さない作業をやりたいと思います(^^;

リア周りに手を入れ始めて困ったのは、今使っているレーシングスタンドをシャフト貫通型に改造してしまった事。

アクスルシャフトに通しているからリアタイヤを外せないんですよね。
一人作業ではとっても便利なんですけど。。。

普通はアタッチメントを交換して使うんですけど、このちょっとしたパーツも買うと結構するんですよね。

私の場合は狭いガレージなので、なるべくサイドスタンドではなくレーシングスタンドで保管しております。

もう1台分買っちゃおうかなぁ~。。。

いや、買わないとメンテナンスできないなぁ~。

そうだ!これは絶対に買わなければいけないパーツだ!!

そうと決まったら、いつものサイトにチェックイン!!

くっくっくっく~(^^)

スタンドで検索すればいいのかな?

フムフムフム。。。

おや?中古だと安いのね。

そりゃそうだよね~。

一時はみんな欲しくて買うんだけど、ガレージを持っていない人にとっては、熱が冷めるとこれほど邪魔なパーツって無いもんね(^^;

有難や~(●^o^●)

私が目を付けたのはJ-TRIPのスタンド。

一つはローラー付きで、もう一つはローラー無し。

当然ローラー付きの方がいいんだけど、両方とも2000円。

でも、ローラー付きは26件、無しは0件。

こりゃ~ローラー有りは競っていますね~。

終了時間はローラー無しが先です。

フムフムフム。。。

ちょっと、様子を見ていると、ローラー付きを狙っている人には『無し』は全く眼中にないみたい。

こりゃ『ローラー無し』に敵はいないと見た!

クリックだ!!

・・・・。

おめでとうございます!!あなたが落札しました!!

お~!!そのまま2000円で誰も入札しないまま落札。

結局ローラー付きは29件、7500円で終了。

送られてきた商品を見て驚き!

すごく丁寧な梱包。
0108 006

商品もすごく綺麗。
0108 005

これはガレージ内で保管されていたスタンドですね。

あとは、スタンドフックが必要ですね。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
2011/01/08(土) 09:31 | コメント:6 | トラックバック:0 |
コメント

マルボロマン :

自分は今、フロントタイヤを外したり、フォークを外したりするのに、三又から持ち上げるスタンドが欲しいんですが、なかなか中古がないんですよねf^ω^;
あってもボロボロだっりして

けんたろー :

僕も自分でやる用に探していますが、
スイングアームを乗っけるタイプの物か
吉田さんのようにシャフト貫通のものか、どれが良いのかわかりません。

フロントはマルボロさんも仰るとおり、新品ばかりですね~。

繁忙期なので落ち着いたらガレージへお邪魔しま~す。 

つやぽん :

作戦大成功ですね(^^)

でも予想では、ルートマスターさんのことですから、何となく車輪部分を自作しちゃう気がしますw

ルートマスターマルボロマンさん

私もカタナに使っていたフロントスタンドは、GSX-Rだと長さが合わなかったから購入しようとしたんですけど、中古でも1万円以上だったんですよね。

だから、差し込み部をカット&溶接で改造して、無理やりにGSX-Rに使えるようにしちゃいました(笑)

ルートマスターけんたろーさん

GSやカタナのスイングアームの場合、オグさんみたいにGSX-Rのアクスルシャフトに交換しないと穴が開いていないから貫通式は使えません。

でも、使い勝手からすると、けんたろーさんの場合は一人でスタンドを掛けるから、乗っけるタイプだと倒しそうだなぁ~(;一_一)

ルートマスターつやぽんさん

計算したら作るより買った方が安かったです(^^;

今って、在庫処分が手軽にネットで買えるから、随分と便利になりましたよね。
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索