プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

昨日の交流会は、いわゆる合コンサークルみたいなものでした(--;
つまり男女の出会いの場ですね。

しまった(;一_一)
完全に私一人が浮いている。

またしても女性から『何で指輪を付けている人が来ているんですか?』と冷たいお言葉を頂戴しました(-"-)
こうなったら、自分の世界に入るしかない。

場所は新宿歌舞伎町。
新宿で飲む事はあっても歌舞伎町で飲むのは何年ぶりなんだろう?
行ったお店は某大手チェーン店。

幹事の段取りの悪さと店のサービスの悪さで、着席早々帰りたくなる。

W社長。
あなたがテレビで頑張っている間にお店の管理は最低になってますよ~。
確かにもの凄い系列店の数があるから、社長が見ているわけでもなく会社の管理体制の問題なんですけどね。

まあ、歌舞伎町の客層は若い人がほとんどだし、格安店だから多くを求めてはいけないんでしょうけどね。

でも、乾杯のグラスは汚れで曇っていて、瓶ビールを注いでも泡が立たない(--〆)
01015-1.jpg

それにしても、この交流会ビジネスって儲かるのかな?

男6500円、女3000円。
たぶん数は40人位。
男女半々位だから9500×20=190,000円。

たぶん飲み放題で@3,000円位なのかな?

3000×40名=120,000円。
190,000-120,000=70,000円の利益。
このサークルは月に30パーティー位を実施しているから、
70,000×30=2,100,000円/月。

何人で回している会社で月のコストっていくら位掛かるのかな?
たぶん、ネットで集客しているだけだから、若い5人位の会社なのかな?

この会の凄いところは、全くサービスやイベントでコストを掛けないところ。
単に場所と出会いをセッティングして、格安店でコストを掛けない方針。

う~ん、これなら十分ビジネスとして成り立ちますね。

周りの男女がギラギラしながら連絡先を交換し合っている中で、私は自分の名前も聞かれる事なく歌舞伎町を後にしたのでした(;一_一)

さて、今日の本題。

フロント周りに手を入れ始めたGSX-R。

キャリパーを外した状態でタイヤを回しても重い(--〆)
一度全部をバラそうかと思って、フロントアクスルシャフトを緩めようとしたら・・・。

硬くて緩まない(--〆)

スゲー硬い!!

なに馬鹿力で締め込んでいるんだよ!

スピンナーハンドルで緩めたら、シャフトの頭をナメそうだったから、インパクトレンチを登場させた。
01015-1 (5)

オートバイのメンテナンスで、インパクトが必要なほどのトルクってほとんど無いから、普通はこんなの持っていないんですけどね。

GSX-Rのフロントアクスルシャフトは、あくまでも2本のボルトで固定されますから、トルクはそれほど掛けなくても大丈夫なんです。

タイヤを外してみると・・・。

メーターギヤが腐ったグリスで固着している。
01014 (11)

これも、’89年からノーメンテナンスなのかな?(;一_一)


私の場合、メンテナンス性を上げる為に、キーシリンダーは取り外せるようにします。
これは完全ガレージ保管だからですよ!
屋外保管だと盗まれちゃうかもしれないから、真似しない方がいいと思いますけど、一応やり方を説明しておきます。

裏のボルトはカシメタイプになってます。
01015-1 (4)

これの中心に2mm位のドリルで下穴を開けて、ドリルが逃げないようにしたら、7mm位のドリルで揉みます。
01015-1 (3)

そうすると、頭がグリンッ!って取れます。

01015-1 (2)
あとは指でもスルスルって抜けるはずです。
01015-1 (1)

錆びていたらバイスプライヤーで掴めば外れると思います。

あとは普通のボルトに交換するだけです。

さて、実は私が今回フロント周りを全バラにした理由は他にあります。

話が長いので、また次回にでも(^^)

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村



2011/01/15(土) 09:11 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索