プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

今度の土曜日は17℃まで上がるみたいですね。
ちょっと乗ろうかな。

さて、そろそろ乗れる状態までメンテナンスが進んできたGSX-Rですけど、避けては通れない作業が残っておりました。

『ガソリンタンクの錆び落とし』です。

GSX-Rのタンクって材質かコーティングが悪いんですかね?
中古のタンクにはほとんど錆びが出ているみたいです。

私はケミカル商品をあまり信じないタイプなんですけど、ぷりんあらもーどさんが近頃の錆び落としは凄いって、以前に話していたから今回は使ってみる事にしました。

有名なのは、ワコーズや花さかGですよね。
雑誌やネットを確認しても似たような内容です。

これって濃縮濃度が違う程度なのかな?

私のブログでは、安くて普通の人が使わないネタの方が喜ばれると思って探していたら、ブログ友達の『にえさん』から連絡をもらいました。

早速、面白そうだから取りよせて使ってみましたよ!
商品名は関西人らしく『さびとるやん』(^。^;)
03229 (8)

本当にこんなダジャレ商品で大丈夫なのか(;一_一)

価格は3800円で4リットルです。
お金を振り込むと着払いで送ってもらえます。
あくまでも製造メーカーから取り寄せた物なので、コストカットの為にラベルも貼ってません。

あっ、気になる方はあと200円位払えば、にえさんがテプラで『さびとるやん』って貼ってくれると思いますよ(笑)

ちなみにこの商品はラベルが貼られて量販店にも並んでいる物らしいですから、成分的には問題ありません。

タンクの錆び取りって、作業は簡単なんだけど手間が掛かります。

まず、ガソリンを抜きます。
シェイクしながら抜いたら、先日掃除したばかりなのに、こんなに錆びが出てきた(;一_一)
中はどうなっているんだい???

03229 (9)
ガソリンコックを外します。

そしたら、中を洗剤と水でジャブジャブ洗います。
油分が残っているとちゃんとした効果がでないとの事。

洗浄が終わったら、適当なゴム板とアルミ板に穴を開けて、コック穴を塞ぎます。
03229.jpg

03229 (20)

エアブリーダーも外しましょう。

覗きこむと底部には錆びの塊が積もっているのが見えるので、まずは原液を4リットル入れて2時間放置し、その後にお湯を足します。

お湯は給油口まで満タンにしてください。
どうやら、途中までしか入れないと、液面に錆びのラインが出来る?残る?らしいです。

ほら、お風呂を沸き直すと垢のラインができるのと同じ状態です。

あと、最大の問題は温度です。
お湯を入れても、あっという間に水になってしまいます。
錆び取り効果はお湯じゃないと雲泥の差になって現れます。
03229 (4)

今回私が用意したのは、熱帯魚の水槽で昔使っていたヒーターです。
03229 (5)

サーモスタットは35℃がMAXなので、様子を見ながらサーモスタットを外に出したりして温度を上げてください。

後は毛布で包んだりしてください。
私は天気が良くて暖かかったから、プチプチに包んで日なたに置きました。
03229 (6)

どのくらい置けばいいんだ?
私は12時間この状態にして、夜は電気を切って放置しました。
03229 (7)

24時間経過したので、『さびとるやん』を抜いてみます。
03229 (3)

お~!
凄い!!

ガソリンコックの取り付け部は中にナットが溶接されてますけど、作業前はこのあたりにゴッテりと錆びの塊が付着してましたが、綺麗に取れてます。

酷かった底面も鉄板が見えるようになりました。
ただ乾燥させると、まだ茶色い錆びが見えます。

03229 (2)
どうするか考えましたが、酷い場合は2度行うという情報もあったので、念の為にも再度チャレンジします。

そうそう、錆び取り材は中性で、再利用が可能です。
だから、抜いた液は灯油のタンクに入れて取っておくんですよ!
03229 (19)

再チャレンジ!!

また24時間放置しました。
03229 (17)

前回と同様にギリギリまで入れてください。
錆び取りが進むと液が減りますから、お湯を追加して液面を確保するんですよ!

さあ、どうだ?

お~!抜いてみると、まだ錆びが出てきます。
03229 (1)

2回やって良かった~(^^;

抜いた後にとっても大事な作業はホースを突っ込んでジャブジャブ水で洗う事。
この洗浄が足りないと赤さびが出ます。

その後は乾燥をきっちりとやること。
03229 (11)

よし!これで完成という事にしましょう(^^)

どの程度の効果がでるのかが疑問だったので、サビサビ状態のボルトをバットに残った『さびとるやん』に漬けておきました。
1週間そのまま忘れていたんですけど、ほら!凄くないですか!!
03229 (13)

ピカピカ状態です。
これって擦ったりしていなくて、本当に放置しただけです。
03229 (15)

バットにはこんな状態だったから裏面にはまだ錆びが残ってます。
03229 (18)

03229 (14)

錆び取り前と同じ状態のボルトと比べれば効果は一目瞭然。
03229 (12)

今回は『さびとるやん』を使いましたが、効果としてはワコーズでも花さかGでも同じだと思います。

入手し易いケミカル材を使ってチャレンジしてみてください。

もし、私と同じやり方をするのであれば、にえさんに連絡して『さびとるやん』を使ってみるのもいいかもしれませんね。

↓↓↓
にえさんのブログ

メールフォームが無かったかな?
コメント欄でもいいと思いますよ!

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
2011/03/29(火) 08:06 | コメント:2 | トラックバック:0 |
コメント

ponkotu40 : 邪道

えーーー
オイラはサンポールでサビ取りしたことあります (^^;)

結果?

良好でいまだにサビの再発はないです
これってアリですかねぇ?

ルートマスターponkotu40さん

そうですね、昔からサンポールは錆び取りに使われてましたもんね。
結論から言えば、処理できれば何でもいいんだと思います(笑)

でも、近頃のケミカル材の威力は凄いですよ!
中性なので、ガスも出ずに使い勝手がとてもいいです(^^)
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索