プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

昨日は久しぶりに3件ハシゴしちゃいました。
遅くはなかったんですけど、ベロベロ状態でした(=_=)

今度の日曜日は、こんびさんが休みになったらしく、早朝にご一緒しましょうって事になっているんですけど、天気が悪いのかな?
直前に行くかどうかを決めますけど、お暇な方がいらっしゃったらご一緒しませんか?
メロンパンでも食べましょう(^^)

さて、私が走るのは、セッティング出しを兼ねております。

つまり、いつでもジェット交換ができないと意味が無いので、必ず車載工具で作業ができるか確認します。
0412 (11)

0412 (10)

ガソリンタンクを外さずになるべく簡単に作業する手順とかもです。
0412_20110412074118.jpg

これは直キャブ仕様の最大のメリットだと思います。

直キャブにすると、ヘッドカバーから出ているブリザーホースの処理に困ります。
あと、GSX-Rの場合はバッテリーケースの下に装着されていたリレー類の処理ですね。
0412 (8)

適当なステーで付けたり、アルミプレートで移設したりする方がほとんどだと思いますが、それだと私のマシーンとしては、簡単すぎてネタにならない(^。^;)
0412 (4)

今回はオイルキャッチタンクの装着を兼ねて、処理をする事にしました。

そうは言っても、オイルキャッチタンクを新品で買うのは予算の関係で迷っていたんですが、私の困っている事を察知したのか?こんびさんが昔使っていたカタナ用のキャッチタンクをくれました(^^)
0412 (7)

こんびさんは、オオノスピードさんのヨシムラタイプに交換しているんですよね。

だから今回は、使わなくなっていたタンクを恵んでいただき、これを使わせていただきます。

あと、直キャブだと、吹き返しで結構汚れますから、できればキャブの後ろにはカバーを付けたい。
何も付いていなくてガラガラなのがレーシーだという意見が多いんですけど、私のマシーンは走るのが目的なので、実用性を最重要視したいんですよね。

あと、リレー類はノーマルのプレートを利用する事にしました。
0412 (6)

とりあえず使ってみて、そのうちに全体像が見えた段階で再度作る事にします。
まずは、乗れる状態まで進める事を考えます。

今回も、誰もやっていない仕様なので、製作方法から仕上げ、作業手順をイメージしながら作っていきます。
いつものように試作品を1個作るだけなので、大雑把な作り方です。

大まかなサイズを測って、工作用紙を切り抜き、イメージを膨らませていきます。
0412 (5)

一体構造だと面倒な作業になっちゃいそうだから、ボディーを最初に作って、ステー類は別で作って合体させる事にしました。

今回は工作用紙に直接アルミテープを貼って、それを型枠として使います。
ですから、仕上げのFRP分の厚みを考慮して、オイルキャッチタンクに1mm厚のテープを貼り、サイズを合わせておきます。
0412 (3)

これを考えないで、ピッタリサイズで作ると、入らなくなっちゃいますよ!
あとは細かい事は考えずに、とりあえずFRPを貼って行きます。
0412 (2)

硬化後に型紙を外すとこんな感じになりました。
0412 (1)

今週末にでも、バリをカットして固定方法を検討してみますね。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
2011/04/12(火) 07:51 | コメント:2 | トラックバック:0 |
コメント

Qちゃん(ダイエッター) :

日曜日暇です~^^
お天気が・・・ですけど

ルートマスターQちゃん

雨みたいですね~(;一_一)
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索