プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

雨ですね~。
誰もが思っている事でしょうけど、原発事故の後に雨が降り、大気中の放射能が溶け込んで水道水の濃度が上がったから、乳児は飲まないでくださいって言ってましたよね?
あれから何も変わっておらず、むしろ放出された放射能って大気に蓄積されてた訳で・・・。

既に公表できない数値なんでしょうか(@_@;)

さて、今日の本題。
昨日の続きで、実際に取り付け作業に入っていきます。

今回は三つ又関係ですね。

私の場合は’88GSX-R1100の足回りからの変更ですけど、基本的にはカタナの場合はほぼボルトオンに近いので、簡単な作業だと思ってください。

左が’88で右が’89です。

全長が少し違いますけど、ベアリングも同じ物ですしベアリング間の寸法も同じですから、ボルトオンだと思ってください。
これはカタナのステムも同様にボルトオンです。
0530-1 (13)

’88に比べるとフォークピッチが広がって、オフセットも大きくなります。
0530-1 (14)

フォークピッチが広くなるって事は剛性の問題かな?

違います。もっと大きな問題があります。

・・・。

格好良くなるって事です(笑)

オフセットが大きくなるって事は、寝かし込んでいった時にグッとフロントが入ってくるって事でいいのかな?
カタナのノーマルは19インチで、もっとオフセットが広いですもんね。

このあたりの話しは、あんまり詳しくないんですよね(-"-)

知りたい人は、ウンチクを語った特集記事っていっぱい出てるから、雑誌でも読んでみて。

ベアリングは上下ともにカタナと共通ですが、フレームはカタナなんですから、ロックナットとダストカバーはカタナのノーマルを使ってください。
0530-1 (11)

私はベアリング交換もせずに、グリスアップだけして使っちゃいます(^^;
0530-1 (12)

ハンドルストッパーは自分で溶接するんですけど、’88用よりもステム側のストッパーが大きい為に当たってしまいました。
0530-1 (10)

当たるんだったら削るだけの事。
0530-1 (9)

アンダーブラケットは何の問題も無く装着できるんだけど、今回は問題になってくるのがトップブリッジです。

この内容は、また明日。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
2011/05/30(月) 08:04 | コメント:2 | トラックバック:0 |
コメント

Qちゃん(痛・・・) :

足回りか~・・・
σ(_ _)の足回りを変えたい~
右足ふくらはぎを肉離れしてしまいました・・・
全治3週間(滝涙)
梅雨だから良いんだけどさ~(T^T)

ルートマスターQちゃん

何をやってるんだかね~(;一_一)
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索