プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

台風が接近しているみたいですね。
何とか今度の日曜日は晴れ間が出るみたいですけど。

さて、先日お話したカタナのエアーダクトについてお話しましょうかね。

昔から加工している方や、ダクト穴を開けたFRP製のアッパーカウルも出てましたっけ。

私としては、シングルシート仕様にしていながら、こう言うと説得力が無いんですけど、なるべく顔のデザインは変更したくないんですよね。
つまり、目立たない仕様で装着したい。

そもそも、このエアーダクトは近頃だと純正でも装着されているパーツです。

これはXJR-1200のパーツリストです。
0822 001

23番・24番ですね。
0822 002

大排気量車だと、どうしても2番・3番のプラグ回りに熱が籠ります。
一応はヘッドにも清流板のようなものが付いているんですけど、そもそもエアーの通る穴が小さくてほとんど冷却風などは見込めないのが現状です。
その為にプラグホールへ直接ダクトでフレッシュエアーを導いているんですよね。

今回は、このダクトをカタナに装着したいと思います。

あっ、ゼファー1100にも同じのが付いていたと思いますよ!

でも、純正だとオイルクーラーを通った熱風をダクトで導入していたと思います。
大差なんか無いんでしょうが、どうせ作るならもっと冷たい空気を導入したい。

それも、見た目は分からないように。。。

そこで思いついたのは、サイドカウルの隙間です。
これなら横から見たら加工しているのに気付かれないレベルかな?と。。。

そう思ってニヤけていたら、スギちゃんからメールが届いた。

『私のバイクにはダクトが付いていますけど・・・』って。
IMG_2946.jpg

あっ(--;

私の考えたプランが、既に写真に収められていた(爆)
IMG_2947.jpg

何の説明もございません。

これを今週末にでも作るつもりです(笑)

でも、スギちゃんのは、J-CLASSICが昔に作ったコンプリート車を買ったから、オイルクーラーの幅が狭いんですよね。
IMG_2949.jpg

私のは、横幅が広い上にカバーまで付けているから、もっと横に出さないと収まりません。
これは、ヨシムラの隼レーサーが採用していた横幅を広げられるサイドカウルの要領で対応したいと考えてます。

まあ、試作品?を作ってみて改良ポイントを探ってみましょう。

そう言えば、スギちゃんは教習所で『大型免許を買えた』みたいです。
あはははは。
これって限定解除組にとっては譲れない言い回し(大笑)

来週の日曜日に車両の引き取りらしいけど、大丈夫かなぁ???

早く乗って慣れてもらわないと、9月のキャンプツーリングに行けなくなっちゃうぞ!

コンプリート車だって言っても、そのまま乗れるなんて思わないでね(;一_一)

中古車なんて、動かしてみたらキャブとかチェーン周り、電装系なんかで何らかのトラブルが出て当たり前です。

途中で止まったら、置いていくからね(-"-)

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
2011/08/26(金) 07:44 | コメント:5 | トラックバック:0 |
コメント

スギ :

登場させていただき申し訳ない(汗)

免許かっってきたっていう譲れない言い回し
よくわかるな~
一発受験の限定解除ってホント尊敬します
俺は何回やっても無理だ~(滝汗)

ろっしおじさん :

おはようございます。
今日も朝から雨ですね。
こりゃ明日はダメかな?

ルートマスター : ろっしおじさん

明日は晴れても、朝は濡れているね。
残念ですが、またしても見送りです(^^;

ルートマスター : スギちゃん

それにしても、初めてのバイクがTMの入ったカタナだなんて・・・。

その乗りにくさから、カタナを嫌いにならないでね(;一_一)

スギ :

(゜~゜;)TMってそんな乗りづらいんですか…?


でっでも大丈夫ですよ(汗)
教習車ボロだったし
いい加減力ある方だと思ってたけど
筋トレするほどクラッチ重かったしアクセル鈍かったし…

嫌いにならないけど
受け入れてもらえるかは凄く心配です
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索