プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

もう13日ですね。
あと2週間もしたら走り出せる気候になりますから、作業を急がなくてはいけませんね。

日曜日は時間が作れたので吉田兄に来てもらいました。
今回はCB1100RのミッションをOHします。

いつものように作業するのは吉田兄。
吉田兄弟の作業分担は、兄が執刀医で弟が助手です。

私が事前に使う工具を準備して、片付け、時には特殊工具をその場で作っていきます(^^)

寒いのは嫌だから、昼頃から4時位までの作業ですね。
0311 017

オーバーホールと言っても、単にベアリングを交換するだけだから特別なネタにはならないんですけどね(^^;
0311 020

汎用工具のプーラーを2種類使って圧入されたベアリングを抜き取って、いつものようにソケットを当てて圧入します。

ガレージに転がっていた塩ビパイプでもちょうど良い太さだったんですけど、やっぱりダイレクト感というか、最後まで圧入できた時の音が変わる感覚からすると、ロングのソケットを使うのが一番調子いいと思います。
0311 018

恐る恐るミッションをバラしていくと、予想に反してパーツが綺麗。
ヘッドの状況から想定して、10万kmエンジンのミッションはボロボロかと思ったんですけど、この部分は一度交換されているみたいですね。
0311 016

正直のところホッとしました。

多分、プライベーターの方がOHする時に困るのがプライマリーシャフトではないでしょうか?

このボルトは8~10kgで締められてます。単位はなんだっけ?マニュアルがないから忘れた(ーー;

スギちゃんが大型のトルクレンチを貸してくれたので、これを使いました。
0311 014

シャフトの固定はカタナに使ったと思われるギヤホルダーがあったので、爪を一度切断して取り付け位置を狭めた状態で溶接する事で固定できる特殊工具に改良しました。
0311 015

ここで登場するのがダンパーですね。
0311 013

バラすと、こんな感じになってます。
0311 011

8個のダンパーゴムが出てくるので、これを新品に交換しましょう。
0311 012

クラッチのゴロゴロとした音はこれが原因だという説もありますけど、どうなんだろう?

左が新品ですが、寸法が1mm位短くなっているんですね。
0311 010

それとも潰れて伸びたのかな?そんな馬鹿な話はないか。。。

きっと皆さんが遭遇する困った状況がこれ。
0311 009

ダンパーが新品だと、奥まで入らないんですよね。

こういう時は、いつもの特殊工具です!

車用のスプリングコンプレッサーですね(笑)
0311 008

私の作業を見ていてお分かりでしょうが、プライベートカスタムには1セット購入した方がいいですよ!
2本で2000~3000円だと思います。
汎用工具はアイデア次第でとても使い勝手が良い特殊工具の代わりになります。

あっ、ダンパーを組む時はゴムにオイルを塗ってくださいね。
私のエンジンはモリブデングリスが使われていましたけど、これが困ったもので、劣化したグリスがカスになってエンジン内に溜まっておりました。
余計なケミカル材とかは使わないようにしましょう。
オイル穴が塞がったらブローする危険もありますからね。

スプリングコンプレッサーで締めこめば、ズズズッって簡単に入っていくと思います。
0311 006

私はジャンクのベアリングと転がっていたナットを間に噛ませて、クリップを装着しました。
0311 005

0311 004

ほら、組めた!
0311 003

完成!!
0311 002

これでミッションのベアリング交換は終了。
0311 001

今週は時間が作れるかなぁ?
ちょっと土日とも仕事になりそうな気配があります。

それよりも早くシリンダーをボーリングに出さないといけないんだよなぁ。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ
にほんブログ村
2012/03/13(火) 07:50 | コメント:3 | トラックバック:0 |
コメント

Gyuu : 興味津々

こんにちは。
私のCBもクラッチからガタゴト音が聞こえて来きます。ゴム交換で音が静かになると嬉しいですね。私も器用なお兄さんが欲しいです。

μ : Gyuuさん

スタッドさえ取れればここまでは面倒な作業はないですよ。
組み付けになると色々考えながらの作業になっちゃうんですけどね。
それよりも最近はバラした手順忘れてしまうほうが問題ですw
ミッションのベアリング交換も思ったほど圧入もきつくないからすんなり交換できます。
やってみると思っているほど難しくないとおもいますよ
このCB、クランクメタルの当たりが悪いのが気になるんですけどね

Gyuu : お兄様

エンジンをバラすとなると躊躇してしまいます。
小心者です。(笑)
でも、やってみなければ何もわからないままですね。
チャレンジャー精神で頑張ってみたいと思います。
メタルの当たりが良くありませんか。
見てしまうと交換したくなるのが人情ですが、どこで線引きするかが難しいですな。
エンジンの復活日記を楽しみにしてますので頑張ってください。



コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索