プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

昨日は台風でしたけど、帰宅できましたか?
私は六本木で飲んでいたので、帰宅途中の中央線が止まってしまい、妻に車で迎えに来てもらう事になりました(^^;
貸しを作ると、何を仕出かすか解らない女なので、今後が怖い(--;

さて、昨日帰宅すると荷物が届いていた。
IMG_0299.jpg

送り主はジュン君です。

さて、そろそろ彼を登場させましょうかね(笑)

真ん中に写っているいるのがジュン君。
0619 003

左の顔が大きい男はゴロウちゃん。

この写真は1993年ですから、既に19年も前なんですね(^^;
私達は高校2年生から同じクラスの友達でしたから、何だかんだ言って22年の付き合いになります。
実は、CBコンビだった、はっちゃんも同じクラスだったんですけどね。

すげ~長いなぁ。

私達は男子校でしたから、高校生の頃から生活の中心はオートバイでしたっけ。

これは、ジュン君のローソンレプリカ。
0619 002

この時の私のカタナはこんな状態でした。
0619 001

今見れば、別に大した事も無いですけど、当時は19年前ですから22歳の大学生時代です。
当然、教習所で大型免許を買える時代では無く、私達は全員試験場での限定解除組みです。

貧乏ですから、バイク屋さんのお世話になる事なんか出来ませんから、全ては自分達でマシーンを作りました。

その辺りのお話は、左のカテゴリーからバイク少年記をご覧ください。

今、あの当時の私達みたいな大学生がいたら、伝えてあげたいですね。

『あと15年位その情熱を継続してみな。きっと大人の趣味としてオートバイを理解できるようになるから。』

ただし、趣味として選ばなかったのがジュン君。

彼はキャブレターのメーカーに入社し、どういう裏技を使ったのか分からないが、ヨーロッパへ旅立ってしまった(笑)

風の噂では、何でも凄い速いライダーのお手伝いをしていたとか。。。

何の手伝いをしていたんだ?

お茶くみ?
カバン持ち?

もしかして、若いツバメ???

まあ、本当に仕事をしてきたのかは判らないけど、数年前に日本に帰ってきた。

今では全日本のチーム監督をしている。

実際のところ、私がお世話になっているオートバイ関係の凄い人は、ほとんどが彼からの繋がり。

間違いなく今の私にとって、オートバイ人生を決めた大きな大きな原動力となっている男です。

ジュン君改め、J16監督。

↓↓↓
TELLY & KALLY Racing J16監督のテリカリブログ

スポンサー関係の絡みもありますから、間違っても気軽に『吉田ブログから飛んできました』とかって、コメントとかメールを送らないでくださいね。
私も迷惑が掛かるといけないので、コメントすら入れた事がありませんから(^^;

ブログを見てもらえば解りますけど、趣味を仕事にすれば充実した人生が送れる可能性もあります。
しかし、趣味として向き合えなくなってくると、遊びにはならないんですよね。

どちらを選ぶか。

私は大人の遊びを選んだから、大学生時代と同じ遊びの領域を絶対に越える事はできない。

彼は『本物の世界』を知っている。

当然忙しくて自分のバイクなんて乗ってる暇はない。

でも、彼の自宅ガレージには、今でもあの写真に写っているローソンレプリカが復活の時を待っている。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ
にほんブログ村
2012/06/20(水) 07:44 | コメント:2 | トラックバック:1 |
コメント

J16監督 : ちょっと・・・

恥ずかしい画像??
10年一昔。20年は?
大学時代のサトシの刀はダントツでカッコよかったね。
あの頃の情熱ってすごいよね。当時は何にも考えてなかったけどね(笑)
いまだにバイクは趣味のつもり。原点は学生時代の軒先チューニング。MotoGPまで経験したけど、いまはその中間でギリギリ仕事じゃないナ。
ブログ、誰でもコメントできるようにしたから気軽にねぇ~。過去のブログ記事見ると分かるけど、かなりくだらねぇ~感じです。
こちらのブログの方がよっぽどタメになるかも!

ルートマスター : J16監督

貧乏だったから、アイデアと行動力で乗りきってきたよね。

この歳になって振り返ると、あんな大学生がいたら結構恐ろしい存在だったりします(笑)

近頃は情報も多いし、ネットで簡単にノウハウを入手できる時代になり、アフターマーケットパーツも豊富だから苦労してオリジナルマシーンを手作りする若者なんて出て来なくなっちゃたのかもね。

物作りの国『日本』の将来は大丈夫なのだろうか。
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


まとめtyaiました【ジュン君改め、J16監督。】

おはようございます。吉田です。昨日は台風でしたけど、帰宅できましたか?私は六本木で飲んでいたので、帰宅途中の中央線が止まってしまい、妻に車で迎えに来てもらう事になりました(^^;貸しを作ると、何を仕出かすか解らない女なので、今後が怖い(--;さて、昨日...
ブログ内検索