プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

今日は雨になるらしく、涼しい朝ですね。

あっという間に週末になりました。
今日はメロンパンの飲み会です。
渋谷で貧乏飲みだ~(^^)

さて、先週の日曜日は奥多摩から帰ったあとにスギちゃんがやって来た。

何しに来たかって言うと、工務店のお仕事です。

吉田家に壁を設置してもらったんですね。
0717 013

ほら、スギちゃんは工務店だから大工さんとしての技術は持っているけどエンジンは組めない。
吉田兄はエンジンを組める。
だから、スギちゃんへ支払うべき技術料を吉田兄へ支払って、みんなで幸せになるプランで進めております。
さすがにここまでの作業を吉田兄に無料でお願いする訳にもいかない状況になってますからね。

技術料のトレードと言ったところでしょうか(^^)
0717 026

さて、スギちゃんが壁を組み立てている最中に吉田兄弟は腰下を組んでいきます。
0717 012

ベアリングを交換したミッションを載せます。
0717 011

この部分のベアリングとシールの幅がSZは違いますね。

問題になっていたクランクです。

どうやら購入したエンジンもSZだったようで、小さなジェネレーターが付いていたから1000Sと同じ物みたいですね。

ベアリングの交換なんですけど、ベアリングプーラーが無い。
0717 015

こういう時はいつものように、その場で工具を製作します。

手元にあったロータープーラーの爪をサンダーでカットしちゃいます。
0717 014

強引にセットして引き抜きます。
0717 016

ここで、問題発生。

あれ?

このパーツリストの絵って、オイルシールが逆じゃない?
0717 019

銅色側が内側になってますけど、
0717 020

シールの凸凹がベアリングに当たるように組まないといけませんよね。
0717 021

こんな感じにセットされるはずです。
0717 018

もともとこのように組まれていましたからね。
0717 017

気を付けてください。

クランクも載りました。
0717 022

下側も掃除して、液状パッキンを塗ったら手際よく組み上げていきます。
0717 023

先日、クランク内に転がっていたドレンボルトみたいなストッパーは、ミッションをニュートラルポジションに止めるパーツだったんですね。
どうりで去年のツーリングでスギちゃんは信号待ちしている時にニュートラルに入らないって騒いでいた訳だ(^^;

スタッドボルトはクロモリの強化スタッドが使われております。
0717 025

ただ、ここでも頭の痛い問題が発生。
クランクケースが歪んでます。

もともとレースで使ったエンジンがベースだったようなので、クランクもクラッシュしてたんですよね。
つまり、その分のダメージがケースにも及んでいたんですね。

今から宣言しちゃいますけど、もしかしたら合わせ面からオイルが滲むかもしれません。

何故かと言うと、何度もケースを開けているみたいなので、ケースの6mmボルト穴が弱ってます。

規定トルクまで上げられないんですよね。
クランクの8mmボルトは大丈夫でした。

これって、初めて組む人は、トルクレンチを使って規定トルクまで一気に締め込んでしまうので、たぶんねじ切ってしまう状態です。

今回はギリギリの感触で組みましたが、この状態まで酷いと補修するレベルではありませんから、オイル漏れが発生した場合はケースの交換が必要になりますね。

次はヘッドの組み上げです。
その前にバルブの擦り合わせとかだから、地味な作業を行わないといけませんね。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ
にほんブログ村
2012/07/20(金) 07:43 | コメント:1 | トラックバック:0 |
コメント

μ :

ヘリサート入れたいところだよね
なんかきっちり締まった感触ないから嫌なんだよな
また開けてM6全箇所ヘリサート入れてみる?
ポツポツとしか進めてないけど、そろそろスギちゃん乗りたい頃だろうけどね
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索