FC2ブログ
プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

こんにちは。吉田です。

急に寒くなって来ましたね。
また週末には大型台風が直撃するかも知れないとか。

天災が本当に多い年だなぁ。

さて、カタナのバッテリーを交換しました。



チャイチャイバッテリーも色々試していますが、どれも2年位で交換していたのに今回は短命だったなぁ。
1年半しか持ちませんでしたね。
それもシーズンオフで放置した訳じゃなく、雨で2週間乗らなかっただけです。

さて、今回は何処のメーカーにするかな。

目くそ鼻くそですけど。

どうせならと考えて、割り切って安いのを使う事にした。



一回使った事があるオリエンタルにしてみました。
驚きの安さですよね。

今回は、750Fourのバッテリーも必要だったから、同じ物を2個買いました。



送料は変わらず800円だったかな?

バッテリー液を注入するタイプなので、この金額ならスペアとして予備を持っておいても良いかも知れませんね。

カタナも1100Rも750Fourも共通のバッテリーになります。



にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
2018/09/27(木) 13:34 | コメント:2 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

週末は雨みたいだけど、土曜日は今のところ曇りみたいだから作業が出来そうですね。

さて、750Fourの現状チェックになりますけど、今日はフレームですね。

パーツリストを見るとフレームはこんな感じ。



私が生まれた翌年の1972年式ですから、こんなものでしょうね。

あの当時って、今のようなデータ解析なんて存在しませんでしたから、試行錯誤でとりあえず形にして走らせた時代です。

見る人が見れば、フレームが捻れる様子が想像出来ますよね。

私はフレームに過度な補強を入れる事に対して否定派です。

ストリートで一般人が乗るレベルなら、カタナにはエンジンマウントさえ固めれば、溶接補強は不要だと思っています。

CB-Fに乗ってた時は、ノーマルだとフレームの前に35Φのフロントフォークがフルブレーキングでかなり曲がるので、良く分かりません(笑)

1100Rは全開走行する前にエンジンブローしちゃったから分からないや。

ただ、フレーム図を見ただけでもZとか750Fourは少し手を入れないとちょっと不安ですね。

少なくともCB-F位には仕上げたい。

では、カトちゃん号はどんな仕上がりか。



今時では常識のネック部分ですね。
CB-Fあたりからはノーマルでも入っています。

ただ、さすがにフレームを一から造るショップだけあって、職人技が光ります。

チラッとタンクから見えるネック補強。



首が弱いと言われるCBに対して芸術的な被せ補強をしています。



ピボット部分の三角形は、強度アップと言うより見栄えだったりします(^^;)



ここを固めるなら、左右を繋ぐ1本の方が効果は高いとも言われますけど、それこそこの辺りの考えはビルダーさんが全体的バランスで決めていく内容になります。

効果はどれ程のものか分かりませんが、エンジンマウントにもプレートを被せて補強しています。



何処まで固めるべきなのか。

確かにこの足回りなら、何もしないと首にクラックが入るかも知れませんね。



ただ、高価なパーツの性能を使いこなさないと意味無いですよね(笑)

ショップチューンのフルカスタム車を手に入れたなら、まずは裸にして造り手の思いと方向性を確認するべきです。

乗り手の思いとのギャップを埋めるのもプライベートカスタムですから、ノーマルバイクを自分好みに仕上げるのと全く一緒です。

誰かが造ったマシーンには、あなたの魂は込められていない。

2年後には売却を目的に750Fourを仕上げていくのですが、妥協をしないで最後は涙を流しながら見送る位に育てたい。

興味あるお金持ちの社長さん。
現金を用意して待ってて下さい(笑)

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
2018/09/26(水) 08:14 | コメント:2 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

暑さ寒さも彼岸まで。

暦どおりに気候が変わりそうですね。
暫くは雨が多くなりそうですから、乗れるチャンスは残り数回になりそうです。

そんな事を考えて昨日は奥多摩へ行ってきました。



ゆっくり出たから、帰宅の為に下りてきたQちゃんと途中すれ違いました(^^;)

私もコーヒー飲んだらすぐに帰宅したんですけどね。

理由はもちろん新しいオモチャが手に入ったから。



凄く綺麗な仕上がりで、高いパーツを組み合わせて仕上げてますけど、所詮は他人が造ったマシーンてす。

やっぱりビルダーさんのセンスであり、商売だろうと私は思ってしまいます。

他人の好みで仕上げられた女を愛せますか?(笑)

スギと話していたんですけど、ショーモデルみたいなショップチューンって、綺麗なモデルの子みたいなもんなんですよね。

色気が無い。

預かりバイクだから、大きく手を入れる事は出来ないけど、少なくとも私の名義にして乗るからには、何処へ出しても恥ずかしくない娘に仕上げていきたい。

この750Fourは、製作した時にメーターもパネルを入れ替えたりして作り直し、恐らく0kmからスタートしています。

車検証に記載されていたのは、H20年の時が500km、その前、つまりH18年が400km、そして現在が642km。



あれ?
まだ慣らし運転すら終わっていません(笑)

エンジンはたぶんワイセコを使ったとおもいますが、ボアアップしてあり、カムはヨシムラを入れたっ言ってました。

当然、クランクも全てバラしてますから、オイル漏れもありません。
たぶん、走り出せば滲みは出てくるでしょうが。

さてと、まずはキャブから手を入れていきましょうかね。

私が愛して止まないTMRが装着されてます。



CRじゃなくて良かった(^^;)

違うキャブだとジェットを揃えるだけでも大変ですからね。

それにしても綺麗なTMRです。

本当に8年も放置されていたの?って感じ。



K&Nのパワフィルターが付いてますけど、ファンネルアダプターは鋳物タイプですね。
何処のパーツなんだろう?



ふん♪ふ ふん♪ふ ふ~ん♪

ウキウキしながらバラし始めたら、あれ(ーー;)



ドレンボルトがカジってる。

外す事が出来たら修正仕上げで直せます。



普通は、パーツ交換するか大きなタップを使うでしょ?

私は手作業でネジ山を切り直すんですよね(笑)

ドレンボルトは予備を持っていました。


この時点で何か怪しいと感じてしまう。

だってカトちゃんはオイル交換すら自分でやらない人だから、キャブなんて開ける訳無いもん。

内部は綺麗だったから、スタート時点のデータを取っておく。

あれ?
PSが5/8回転だ。

別に良いのですが、私は基準値が1 と1/2回転なので、SAJの番手を上げて1回転以上でPSはセットしたいと考えます。

PSって、針のテーパーが作り出すほんの少しの隙間が生命線だから、あまりギリギリって不調のリスクが上がる気がするんですよね。
これくらは大丈夫なのでしょうが、ビルダーとしての小さな拘りみたいなものです。

こういうセッティングをするって事は、あまり細かい事を考えない人が組んだのかな?

あっ。



油面をチェックすると、基準値は12+-1ミリなのに9ミリでした。
4番だけはぶつけたのかな?7ミリでした。



J16監督いわく、TMRは油面に対しては許容度が広いと言ってたから大きな不調原因では無いのかも知れないけど、私はなるべく基準値を重視して各ジェットでコントロールしたいと考えます。



あと、私が組んだキャブの儀式みたいなものですが、他人のバイクであってもPSは全閉位置に金ノコで印を刻みます。

セッティングしずらいキャブなんてレーシングキャブとは言えない( ̄+ー ̄)



一通り掃除が終わったから、遊びに来ていたRZさんと二人でドキドキのエンジン始動を試みたのですが、2番と3番に火が入らない。

こりゃ電気系だな(−_−;)

ダメだ。
電気は吉田兄に助けてもらわなくては私には分からん。

と、いう事でエンジン始動は来週に持ち越しです。

2018/09/25(火) 08:09 | コメント:6 | トラックバック:0 |
こんばんは。吉田です。

3連休も明日までですね。
お彼岸ということもあり今日も混んでいましたが、スギに付き合ってもらって不動車を引き取りに行ってきました。

今回はあくまでも預かる事になってますが、名義も私に変更するので養子に迎え入れるようなものですね。

さあ、帰るぞ!



何だこりゃ?

これがチョイ乗り用に加わった新しいメンバーです(笑)



そう、ずっと前から訪問してくれている人は知っている千葉のカトちゃんのCB750Fourです。

8年放置してあった不動車と言っても、ずっと室内管理でしたから、GOOD conditionです。

たぶん、キャブをOHしてバッテリーを交換すれば掛かるんじゃないかな?



さあ、新しいストーリーが始まるよ!(^-^)


にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
2018/09/23(日) 19:48 | コメント:6 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

昨日から出張で大阪に来ています。
ホテルでやる事も無いから、今日は話が長くなります(^^;)

まあ、出張って言ってもお客さんのイベントに参加して懇親会まで顔を出すだけでしたけど。

久しぶりの大阪なのですが、考えてみたら散策した事が無かったから、ホテルを難波に取ってみた。

もちろん目的は、お好み焼き。

懇親会の会費は8000円もしたけど、烏龍茶1杯しか飲まずに我慢。

頭の中では「孤独のグルメ」のテーマソングが流れていた(笑)

7時少し前になったら、いつ消えても大丈夫な感じだったから会場を抜け出す。

大阪って電車が分かりにくいですね~
まあ、きっと東京に初めて来た人も同じことを考えるのでしょうが。

ホテルにチェックインしたら、さて何処へ行こうか(^-^)

全く分からないから、取り敢えず食べログで「難波のお好み焼き」で検索。

1位の店なら外れる事は無いだろう。
便利な世の中だね~。

ほぅ。福太郎 本店とな。

ふむふむ。よし、行ってみよう!



なるほど。
噂どおり並んでる。



名前を記入して待つタイプですけど、私の前は10人位だったかな。

今夜の目的は、コレしか無いから当然待つとする。

30分位待ちましたけど、大阪の街って聞いていたとおりに外国人ばっかりですね。
色んな言葉が行き交います。

お店でも半分以上が外国人で、そんな環境に慣れ始めると東京人は大阪弁も外国語に聞こえてきて、隣の会話を聞いて一瞬遅れてから「あっ、この人日本人だ」って思ったりします。

一人だと嫌がられるかなぁって思ったけど、テーブル席じゃないから大丈夫。



やっぱり、本場に来たらカウンターで焼いてもらわないとね!

チリトリみたいなので運んでくれます。



現地では当たり前の事でも、初めてだと「テレビと一緒だ」と思ったりします。
なんか楽しい。



ほ~。美しい。

何を頼んだか忘れました(笑)

並んで見ていたら、外国人の人って日本に来て有名なお好み焼き屋さんで過ごす時間を目的にしているから、ビール1杯とお好み焼き1枚で長いこと居座るんですよね。

浅草でも同じ悩みを聞きますが、回転率が勝負どころの飲食店では致命傷になってしまいます。

だから、オーダーは早く、食べたら直ぐに店を出るのがマナーです。

お好み焼きと、ネギ焼きの違いは、キャベツを使うかネギを使うかの差みたいですね。

生中と豚バラネギとスジ肉卵を注文したのかな?

人気メニューの1位と2位を適当に頼んだ(笑)



美味い!

なんだコレは!

今まで知ってたお好み焼きと全く違います。
意味が分からなかったけど、中がトロトロ外がサクサク??ってテレビで言うのって、こういう事だったんですね( ´ ▽ ` )

美味いものを食べた時に思うのですが、いつも「今度妻を連れて来よう」って顔が思い出されます。

これって、結婚していて良かったと思う瞬間なのかも知れませんね。

一気に食べたら、待っている人がいるから直ぐに退散します。

お会計の時に本当に美味しいと思った時だけ、「とても美味しかったです」と告げるのもマナー。

お店のスタッフは、この一言が実は一番の励みになります。

大阪での目的として、もう一つあるのはグリコの看板を見ておく事。



地方の人がスクランブル交差点の写真をとりあえず撮るのと一緒です。

道頓堀に行く途中でたい焼き屋を見つけた。



あっ、天然物だ。

一気に5~10匹焼くのが養殖物、1匹ずつ焼くのが天然物と呼ばれます。



180円で一つ買ったら、当たり前だけど手渡された。



小さい頃から「歩きながら食べたらお行儀が悪い」と母から躾けられたお坊っちゃま育ちの為、どうしようかと思ったけど、周りが外国人ばっかりだから歩きながら食べた。

なんか楽しい。

大阪って難波地区だけなのかも知れないけど、海外みたいで面白い。
だって日本人の方が少ないイメージなんだもん。

お腹がいっぱいなんだけど、ラーメン屋が目に入った。



ほぅ。立ち食いスタイルか。

胃の具合は、何とか入るか?

よし。せっかくの思い出だから。



なるほど。
ストレート麺ね。
あれれ?予想より美味い(笑)

麺もスープも良いではないですか(^-^)

あ~楽しかった。

本当なら、今晩は京都で「床」を予約してくれててスキヤキの筈でしたけど、雨だからこのまま帰宅する事にしました。

さて、明日から3連休。

天気次第では、一度くらいは奥多摩へ行けるかな?

今日一日を頑張って、皆さま良い週末を!

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
2018/09/21(金) 07:44 | コメント:10 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。



ロビンは可愛いいのですが、昼寝する時ってオヤジみたいな寝方をするんですよね(^^;)



さて、奥多摩で先日マルボロさんと赤いきつねさんと話していたのですが、我々のマシーンみたいに派手だと、ライダーも気合いを入れた格好をしないとバランスが悪いから、気軽に乗れないっていう話になりました。

だから皆んなしてセカンドバイクを持っていて近所にぷらっと出掛ける時とか、ツーリングに使ったりするんですよね。

近頃のマルボロさんなんて、モンスターばっかり乗っているから今年は999に何回も乗って無いですよね?

私も昔はそんな事を考えてGS750Eに乗ってましたが、今は2台所有していてもカタナと1100Rですからね(−_−;)
2台所有の意味がない。

もっと気楽に乗れるパイプハンのバイクがあれば、もうちょっと乗る気にもなるんじゃないかなぁ~って考えていたら電話が鳴った(笑)

「おぅ。吉田久しぶり。
まだお前はバイク乗っているのか?

俺のバイクって、もう5年以上も放置しているから売っ払っちゃおうかと思うんだけど、どう思う?」

とな。


吉田「まあ、古いバイクは高く引き取ってもらえるだろうから売れる時に売っちゃえば?」

「お前、以前に乗りたいって言ってたよな?」

吉田「まあ、そうは言ったけど、今はさすがに3台目を買う余裕は無いよ~」

「金なんていつでもいいけど、邪魔なんだよな」

吉田「じゃあ、古いバイクなんて2~3年後になっても値段なんて変わらないだろうから、俺が預かってメンテナンスしようか?」

と、いう流れになりました。

スギに頼んだら一緒に引き取りに行ってくれるって言うから、日曜日に不動車を回収してきます。

預かりバイクだから、今回は手を入れる予定はありません。

なるべく早く車検が取れる状態にして、秋のツーリングに行きたいと考えてます(^-^)

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
2018/09/19(水) 07:55 | コメント:4 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

昨日は走る予定だったので、日曜日のうちにエンジンを一度掛けておこうかと思ったのですが・・・。



バッテリーが死んでいた。



全く充電されないから、棚落ちしたみたいです。

走るべきではないという御告げだと考え、バイクは諦めてママチャリでビールを買いに行く事にした。

途中に古本屋さんがあるので久しぶりに入ってみた。

ビールを飲みながらマンガでも読もうかなぁ。

買ったのはバリバリ伝説(笑)



1巻を見ると昭和58年のマガジンに連載とある。

小学校6年生の頃かな?

キラーBOYより少し前かな?

私って、前から言っているのですが、あいつとララバイを人生のバイブルにして生きていたので、バリバリ伝説はあんまり興味が無く、30年前に一度読んだだけなんですよね。

昨日買ったのは、再販版なので昔の野球カードみたいなのが付録で付いていた。



ライダーのカードなんか見ても誰だか分からないなぁ~って思っていたら、



イエローコーンの鶴田選手が入っていた。

テイスト・オブ・フリーランスで見ていたから、知ってる~

それにしても、あいつとララバイも同じですけど、1巻の絵ってなかなかのクオリティですよね(^^;)(笑)

巻頭はこんな感じなんですけどね。



あの頃の高校生は、誰もがナナハンという響きに憧れ、こんな感じに走る事を夢見ていました。





ちょっとハンドルの角度が違うな。

余談ですが、絵からするとハリケーンセパハンなんだけど、高さから察すると、CB750F用では無く、私が使っていたCBR400F用の低いタイプだと思われます。

でも、CBでこんなにバンクさせたらジェネレーターカバーが擦って転倒しちゃいます(−_−;)



ストリートでは、ほどほどに安全第一で楽しみましょうね。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
2018/09/18(火) 08:05 | コメント:4 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

今朝も走りに行こうかと思ったのですが、昨日の雨で路面がイマイチなのと、山に掛かる雲を見て止めておきました。

せっかくの休みだから、何処かへ走りに行きたいけど、目的地も無いしなぁ。

さて、暫くバイクに乗れて無いから今日は久しぶりに夜遊びネタです。



木曜日、オヤジ2人で渋谷の「のんべい横丁」にある行きつけのおでん屋さんで呑んでいたら、女の子が一人で入って来た。



常連のお客さんかな?と思ったけど、狭い店内だから話しかけたら、夢は東京で小さな飲食店を開くことで、どうしても一度自分の目で見てみたかったのでカプセルホテルに泊まって3泊4日、夜行バスの旅をしていると言っていた。

21歳。

自分の娘と重なって見えた。

考え方、話し方、距離の置き方、間の取り方、近頃の若者に無いものを感じた。
彼女の人生においてとても大事なターニングポイントである事が見て取れたので、東京の夜遊びを見せてあげる事になった。

あっ、言っておきますが普通のナンパみたいな流れじゃなく、色々と話した流れですからね(^^;)

接客についての勉強として、いきなりバニーちゃんのお店へ連れて行き、その後はちょっとお高い青山のBARで違いを見せてあげたら凄く喜んでいたから、次の日も東京の凄さを見せてあげるという流れになった。

以前から乗ってみたかった船です。
御座船 安宅丸



屋形船なんですけど、徳川家光の船を「ななつ星」のデザイナーさんにお願いして、東京都観光汽船が作ったみたいですね。

あっ、東京都観光汽船はフローティングBARのJICOOを作った会社です。



これね、東京に知り合いが来たら連れて行ってあげると凄くいいですよ!



飲み放題のビールは、自分でサーバーで注ぐスタイルですから、ご機嫌になってデッキに出て気持ちいい夜風に当たることが出来ます。



私はお座敷で天ぷらを食べる普通の屋形船って、ちょっと苦手なんです。

小さな舟だと設備に限界もあるし、食事に期待なんか無く、景色とお酒だけを求めてます。
あと、トイレが綺麗じゃないと嫌なんですよね。

最後にはショーもやってくれるのですが、元劇団四季の人だから凄く良かったです。





10年以上こうやって東京の情報を収集する事が仕事の私達2人にとっては何て事無い一コマですけど、彼女にとっては何かが変わった二日間だったと思います。

気がつけば自分の夢を追う立場から、それを助けてあげたいと感じてしまう年齢になっている。

自分自身も次のステージへのターニングポイントなんだと感じた夜でした。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
2018/09/16(日) 09:24 | コメント:2 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

昨日も暑かったのですが、土曜日の夜に雨が降ったから乗るのを止めておきました。

まだまだ暑いのですが、落葉の季節になってきています。



ブラインドコーナーを立ち上がったら、吹き溜まりだったりしますから、気をつけて走りましょう。

さて、そんなこんなでバイクにはなかなか乗れません。

私の場合、あんなカタナで買物には行きたくないですからね(−_−;)

近頃は雑誌のgarage lifeを見て、吉田ガレージも片付けないとなぁ~なんて思いながら、掃除を始めました。

配置を変えるなら、コンセントの位置や配線も変えたいところ。

そんなタイミングで金魚屋さんが外部コンセントを付けて欲しいと言ってきた。



吉田家には、水草水槽部が3人居ますから(笑)

長女も次女も中学の時は部長だったんですよね(^_^;)

クラブ活動は、ウーパールーパーへの餌やりだって。



庭先の金魚は、水草と苔と水量、深さなんかを考えて金魚の数と大きさを決めているから、ブクブク無しで育てています。

でも、マニアは稚魚からの成長を楽しみたいらしく、これにはブクブクが必要です。



一晩、水を溜めおきして安定させるところから始めるらしい。

今度の週末も傘マークが出てましたから、次に走る時には一気に寒くなっている可能性もありますね。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
2018/09/10(月) 07:48 | コメント:4 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

また灼熱地獄が戻って来てしまいましたね(ーー;)

夜になっても気温が下がらなかったから、日曜日の朝は見送りました。

無理して乗る意味はありませんからね。

まあ、この暑さの中を100kmマラソンさせる意味も無いんですけどね。
私達が子供の頃は、「火の鳥」とかのアニメを楽しみにしていた番組は、色んな意義みたいなものも含まれていたし、スポーツも根性論だったから成り立っていたけど、今はそういう時代では無いと個人的には思うんですけどね~。

さて、先週走った時に何となくフロントの接地感が無くて、荷重を逃がしながら走っていました。

フォークも良く動いているんだけど、気持ちの問題かな?
久しぶりだから、ビビっているだけか?

サーキットを走る人と違って、ストリートばかり走っているライダーは、身体が勝手に誤魔化しながらそれなりに走らせようとしてしまいますよね。

だから、そういう時は頭の位置、荷重の掛け方、ライン取り、アクセルの開け方なんかを一度リセットして自分なりに不具合点を確認していきます。

うーん。何だ?
リア荷重にしないとフロントが流れていく。

帰宅して確認したら、単にタイヤが減っているだけでした(笑)



やっぱりワイヤーが出るまで使うとダメみたいですね(^_^;)

有り難い事にm-maruさんが送って来てくれてたタイヤがあったので、タイヤ交換をしちゃいました。

今回はダンロップタイヤになります。



m-maruさん、いつもありがとう(^-^)

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
2018/08/27(月) 07:50 | コメント:5 | トラックバック:0 |
ブログ内検索